自作!ねこケージ(大型版)







以前に自作ねこケージのご紹介をしましたが、その後2匹の保護猫が加わり、ねこも大きくなりました。

日々もすぎ、ねこは6匹。体も、態度も大きくなりました。第三世代のケージの記事はこちら。


全部で5ニャンですッ!




我が家に来たころのマー君 ボク、マー君です。





恐ろしいほど大きくなったマー君 成長したマー君




とても窮屈になったので、大型化するとともに最初の構造では掃除がやりにくくなりました。




そこで拡張をかねて大改造。




ねこ達も喜んでくれているようです。




天井のドアがおおびらきになるようにしたのが今回のポイントです。




まずはSketchupというツールでどんな構造にするか検討シマシタ。

sketchupファイルのダウンロードはこちら。
2014/7/31追記:ダウンロードするべきファイルが間違えていました。お詫びして訂正します。


黄色い部分がドアになっています。
mesh-base-wire-2014_R



ピンク色にしたところは、内部のベッド用の棚
mesh-base-wire-2014b_R



この図では棚を支える柱が表示されていません。プラスチック結束バンドの位置は赤いリングで示しています。ただし参考程度に。
mesh-base-wire-2014c_R



このケージにはカメラが2台ついています。ナイトビジョン仕様のケージカメラと窓際カメラです。
mesh-base-wire-2014d_R



上の箱の中の基板は、ライブカメラのデータを変換する装置。ねこにイタズラされないようにケースに入れてます。
DSCF9837_R



天井部のフタが内部に落ち込まないように、栽培用支柱をすこし飛び出させてその役目をさせています。
DSCF9836_R



天井板を全開にしたところです。
DSCF9835_R



この写真撮影当時は、内部棚板は簡易なつくりでした。
DSCF9832_R



リッキー、うれしい?
DSCF9766_R



最近はベッドをふかふかの布団仕様にしました。
DSCF0483_R



写真ではねこが居ませんが、天面を解放しておくと掃除だけではなく、ねこ達も出入りが楽になったようです。
DSCF0484_R



ねこ達も布団があるので、昼もよろこんで過ごすようになりました。
DSCF0485_R



13mm内径のプラスチック水道管を使ってかんぬき式のロックを付けました。
DSCF0486_R



その後ケージのロックを大幅に簡単、確実にしたのでそちらの記事のリンクを以下に追記します。



密閉保存ビンをヒントにねこケージをカイゼンする(ロック機構変更)



栽培用支柱を使ってかんぬきがわりに。
DSCF0487_R



天井落下防止の栽培用支柱の部分
DSCF0488_R



天井のちょうつがい部分
DSCF0489_R



これまでの扉部分もロックをかんぬき式に。
DSCF0491_R



以前に作ったレーキをロック代わり。兼置き場に
DSCF0492_R



これは跡付けのクリップです。天井の一部が持ち上がってねこが脱出しないようにしました。
DSCF0493_R



指で持ち上げると、こんな風に持ち上がってしまいます。
DSCF0494_R



どらどら、点検に
DSCF0482_R



材料は、最初に作ったねこケージのものと同じで、数量が増えただけです。最初のケージからどの程度増えたかを書いています。



必要な材料は以下のとおりです。


必要部品必要数
620mmx290mmサイズのワイヤーネットという金網(ビニルコーティングされています) 17枚=>24枚
ワイヤーネットに適合する結合用プラスチック部品 4個=>10個
900mmサイズの植物栽培用支柱(プラスチックコーティングされているもの) 7本=>14本ぐらい
しっかりした結束バンド 多数
細めの結束バンド 多数
大きめのクリップ(組み立て時の仮止め用に便利)数個




いずれも100円ショップで手に入るでしょう。




掃除もとっても楽になりました。




ねこ達も天井からの出入りが楽になったこと、2段ベッドのふかふか布団が追加されたので、




以前は近寄らなかったケージに昼も入って寝るようになりました。





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


7 − 四 =