ねこキャリーを整備する(今日は抜糸)




こんばんは、

ねこ用施設係です。

今日はいよいよ2にゃん(ムーちゃん、メーちゃん)の手術後の抜糸の日です。

おかげさまで、
エリザベスカラーにもすっかりなれてしまい、カラーをつけたままキャットウォークまで駆け上がったり、
3にゃん同士でくんずほぐれつのじゃれあいをしています。
DSCF3251_R


明日の病院行きのために前回使った自作ねこキャリーをより使いやすくしました。

反省点は、

  • 内壁がないので、風が入って寒い。
  • 毛布を掛けようとするとハンドル(持ち手)がジャマ
  • 2匹入ると、それで6Kgありハンドルだけでは持ちきれない。
  • 扉のロック方法を手軽にしたい。(マジックテープ式はめんどう)

  • でした。ということで改造点は


  • ハンドルのロープの掛け方を変更し、手のところにはエンビパイプを通しました。
  • ロープの位置が端に寄ったので毛布をハンドルの下にくぐらせて、掛けやすくなりました。
  • 100円ショップのプラ板を切って、キャリーの内壁にはめ込みました。
  • 扉のロックには事務用クリップを使いました。
  • ハンドルに加えて、大きなバッグの肩掛けバンドを借りることにしました。


  • で、出来上がりの写真は以下のとおりです。


    エンビパイプのハンドルで、重量が手のひらに分散し楽に持てるようになりました。

    ロープも端に持って行き、毛布のジャマにならないようにしました。
    DSCF3267_R


    少々縦方向を大きめに切ったプラ板をいれ、外の方向に押し付けるようにしながら、ネットの針金があたる部分だけをカッターで切り込みました。

    こうすることでプラ板が内壁にしっかりと収まります。
    DSCF3274_R


    ほぼキャリーの長さと同じ毛布があったので、ぴったりかぶせられました。

    床には100円ショップフロアマットです。
    DSCF3278_R


    大きなバッグの肩掛けバンドを借りてきて取り付けました。
    DSCF3285_R



    必要な材料をまとめてみました。


    必要部品必要数
    620mmx290mmサイズのワイヤーネットという金網(ビニルコーティングされています) 4枚
    300mmx290mmサイズのワイヤーネット(ドアに使いました) 1枚
    5mm厚のベニヤ板(後ろのふたに使いました) 1枚
    しっかりした結束バンド 適宜
    細めの結束バンド 適宜
    プラ板(発泡プラスチックが保温に優れています。ただし耐久性低い)切断して使います。 1枚
    エンビパイプ(呼び径20mm)60cmほど切って使います。 持ちやすいものを選びましょう。1本
    荷造りロープ(8-10mm径)数m
    フロアマット60cmx60cmぐらい(ねこ居場所の下敷き)適宜
    大きめのクリップ(ドアのロックに使います。)1-2個
    保温用毛布適宜
    カバン用肩掛けベルト(どこか家にあるかも。なければ買いましょう。)1本


    ざっくりですが、合計の部品代は1,000円ほどです。

    いずれも100円ショップで手に入るでしょう。

    ワイヤーネットでドアを作ろうとするとサイズが合いません。多少の隙間や出っ張りを我慢するか、いやならワイヤーをカットするか、ベニヤ板などでぴったりにあわせましょう。



    早速ムーちゃんが点検に。
    DSCF3283_R

    ありがとうございます。ご利用をお待ちしています。



    よかったらポチッとお願いします。


    関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


    三 × 9 =