一緒に寝る(誰とでもというわけでは。。。)







モフ君は6ニャンの中で最も若く、最近参加したねこです。




1年と少し前に、骨折、飢餓状態で突然我が家の「ねこ窓」前に現れました。




それまでは、クロママが毎朝夕、ゴハンを食べにきてたんですがクロママはいません。




にゃー、にゃー、にゃー、ニャーと大きな声で鳴き続けます。




ゴハンをあげるとガツガツ食べます。




最初は骨折しているとはわからず、足を引きずっているのがおかしいと思っていたんです。




保護するために夢中にゴハンを食べているところを捕まえて、病院行き。




骨折は治りかけていました。




そのまま、「我が家のにゃんこ」になりました。




2−3日毎回モフが登場していたんですが、その間クロママは来ません。




クロママが保護しかねて、我が家に助けを求めてモフを連れてきたか、ゴハン場所を譲ったんだと思います。




優しいクロママを思うと今でも胸が熱くなります。




前置きが長くなりましたが、そんなモフ君。我が家の甘えん坊のねこたちの中でも際立った甘えん坊。




昼寝をするroseが呼ぶと、タダチに駆けつけて脇に入ります。









ほわほわ。。




毛布の下はこんなに長く。




一緒に毛布を被って寝るモフ君。 幸せそうです。roseもご満悦。




私が呼んでも来ないのに。。。。











関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


× 五 = 35