小網代ボート釣り(秋風を感じながら。。。)







昨日は、rose も 家人も家に戻ってきたので、小網代湾のボート釣りにでかけました。




秋の日差し、快晴、凪の気持ち良い天候のもと、釣りを楽しみました。




これまで行ってきたボート釣りの中では最大の釣果でした。




前半はマリンパーク下を沖に進み、30mほどの深さのところでビシコマセ釣り。




この近辺は沖に進むと急激に27m程度から35mほどに深さが変わる(かけあがりというより崖の感じ)ところがあります。




その浅い側をよく狙っています。 アジとかイサキはいないんですけど。。。




タイらしきアタリもありましたが、惜しくも針ハズレ。




でも、ソーダガツオ、カワハギの入れ食い状態。














途中で、ウキ下3mほどにしてオキアミをつけた針を流したら、シイラが。。。。




全長60cmほどですが、強烈なジャンプの連続を見せてくれました。




でも取り込むときに魚を掴んだ形で取り込まないと、中で大暴れ。




釣具やエサをぐちゃぐちゃにされてしまいました。。。。




後半は、ソーダガツオの身を使って、カサゴ釣り。 おまけで小さいタコも。





タコは内蔵を取り、たっぷりの塩で揉み込んでぬめりを取ります。(3回は繰り返す)





大きさにもよりますが、茹でたら、切るだけ。




帰宅途中で友人の家に立ち寄っておすそ分けしてもこれだけあります。









ピンクの魚体は「テンス」 頭を落とし、ワタを取り出しただけで、うろこごと「あまからの醤油出汁で煮付ける(炒りつける)」と最高の肴に。 ウロコが歯ざわりよく食べられるなんでなんて初体験でした。




今日はソーダガツオ、ゆでタコのお刺身、テンスの煮付け、シイラのムニエル(バルサミコソース添え)。




ソーダガツオはすべてヒラソーダでラッキーでした。




今日はなんだか疲れて魚を処理して、料理ができたら写真を取るのを忘れてしまいました。ごめんなさい。




カサゴとカワハギは何にして食べよかな。。。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


− 五 = 4