小網代ボート釣り。大サバ再び。タイも(祝宴わーい)







小網代 3回めの釣行です。今回は大潮でした。




台風は大東島近辺でうねりはあるものの、風もなく良い日よりでした。




7時前には岸払い。 30mほどの水深の沖を目指します。




この時期は20m程度の水深だとサバなどの回遊魚はどうも入ってこない様子なので深めの場所に行きます。




ボート乗り場で挨拶をした常連さんが何故か一緒にポイントに。




こちらがGPSナビや魚群探知機を装備しているのを見て狙いを定められたようです。




こちらは責任重大。頑張って釣れそうな場所を見定めます。




最初はフグにハリを食いちぎられることが多発しました。 悔しいので誘い上げる釣り方に変更したら、大きいフグが連チャンで釣れました。




もちろん食べるわけにはイカないので、リリース。




でもこれをきっかけに大サバが釣れ始めました。




ビシカゴにコマセをたっぷり入れて穴も大きめにしておくとサバがよく釣れることがよくわかりました。




クーラーの半分程も釣れたので満足して、定置網のそばに移動することにしました。




20mほどの水深のところで何匹かのフグを釣りましたが魚影はあまり無いようです。




と、思ったら大きなアタリ。うぉ、三段引きです。こ、これは。。。




予想通り。「マダイ」 37cmですから大物とは言えませんが綺麗な魚体。









もう大満足の釣行となりました。









サバはのせきれないので代表選手だけ。いずれも40cm超えクラスです。




家に帰ってからはサバの処理、タイをさばき、豊かな食卓に。




海神さま、今日もお恵みをありがとうございました。



タイが釣れたのでお祝いに家人が買ってくれたお酒




近所の夏祭りの売店で焼き鳥も!




エシャロットと味噌




タイのお刺身は皮付きで炙りに。これは絶品




ごぼうとタイのカブラ煮。奥にあるのは山椒の実の漬物です。最高の相性ですね。





今日のアタリ仕掛けは、サバのウィリー仕掛け。(2本針 全長2m)ハリスが4号あって扱いやすく大サバを抜きあげても余裕です。




サバは移動スピードが早いせいか、魚群探知機にはあまり映りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


一 × = 7