ピート君、サッパをいただく。(家人がんばる)







釣りの道にハマッテシマッタ、家人です。




これまで毎年1回程度の釣行だったのですが、今年はすでに4回目。




毎週発行される、駅売りのつりニュースなんぞを買いまして、情報収集に熱心です。




これまではボート釣りでしたが、今回は家人とその友人ふたりで本牧の海釣り公園へ。




大潮で絶好調のコンディションでしたが、ヒトも絶好調。 大混雑の入場制限の中での釣りだったとのこと。




5時20分に車で現地到着にもかかわらず、駐車場はすでに満杯。




離れた駐車場にとめて、重い荷物をえっちら、おっちら。




たどり着いてわたり桟橋と沖桟橋のつなぎ目のところにようやく到着。




二人でつり始めて、当初からの目的だったイワシは大量にゲット。




途中、大物もかかったようですが、あしらい方がまだ未熟でバラシたそうです。




「逃げた大物は大きい!」という帰ってからの語り口は「釣師」そのものです。笑




二人で数十匹も釣ったんでしょうか。 山分けした獲物を家族で処理。




カタクチイワシなので、手軽に手でさばいてお刺身に。 IMGP5512R




IMGP5508R




イワシの中に一匹だけ、サッパが混じっていました。




岡山の名物、ママカリで有名だと思いますが、一匹だけだと料理になりません。




で、まずはニャンコに、生のまま見せてみました。 IMGP5478R




IMGP5471R




IMGP5469R




IMGP5473R




興味シンシンですが、食べものとは認識できていないようです。




で、食べやすいように、電子レンジで「チン」してみました。




さめてから、皿をねこのそばに。




こういうイベントにいつも熱心なピート君。




これはおいしかったみたい。 くわえて独り占めしています。




IMGP5487R




IMGP5499R




すばらしいおかずになりました。




ほかのねこも次々と来てかじりましたが、一匹では到底不足です。




新鮮な魚はねこ達にとっても大受け。イワシの刺身もダイスキ。青物系の魚がお好きなようです。




家人は、新しいつりニュースを覗き込んでいます。。。





よかったらポチッとお願いします。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


× 九 = 54