燻製にはまる(再びねこそっちのけ)







最近、暖かくなったこともあり人間もねこも行動的になっています。




燻製をつくることに味をしめた人間達は今日も燻製づくりに熱心です。




もちろん、その間はねこそっちのけ。




今日のねたは、豆腐のみそ漬け、サバの文化干し、砂肝。。。あ、手羽、手羽! です。




盛りだくさんです。




豆腐は数日前から水気を絞って、味噌を擦り付けていました。  




砂肝は濃い目のそばつゆに、荒引き胡椒、一味唐辛子をたくさん入れて漬け込みます。(1時間)




手羽は、フォークでたくさん穴を開けて味がしみこみやすくしておいて、しょうゆ、みりん、にんにくすりおろし、酒に漬け込みます。(3時間)




漬け込んだら、水気をふき取って、風干(干物いれを持っていたので使いました。) IMGP3852R



5mm厚みぐらいにスライスして漬け込んだ砂肝をステンレスの細い針金にさして、とぐろを巻いて金網に配置。
IMGP3860R



こちらはサバの文化干し。適当に切って干したものを金網に。
IMGP3861R



燻製完了。いきなり完成品の写真。干しがちょっと足りなかったかも。でも味はグッド
IMGP3865R



こちらは手羽。最高のできあがり。
IMGP3866R



写真の色があんまりよくないですが、別に作ったラタトゥーユ(舌を噛みそう)
IMGP3868R



みそ漬けの豆腐を今回は小さめに切って燻製に。
IMGP3863R




今回の燻製は、いずれも「りんごの木のチップ」を使いました。これもおいしいのですが、ヒッコリーのほうが好きなかんじ。




でも、りんごのチップも残っているので使い切るのだ。。。あ、サバの完成品は写真取り忘れました。。。




IMGP3830R





よかったらポチッとお願いします。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


× 6 = 五十 四