ねことの対話をめざして。(ここまで作ってマス)







先週の記事で、こんな写真をお届けしました。




DSCF9270_R




これをみただけでは、いったい何をするのかさっぱりわからないと思います。




今日はこれまでできた装置の写真です。




DSCF9313_R
相変わらずへたくそな写真でスミマセン



電気工作に詳しい方なら想像つくかもしれませんが、




レーザーポインターと2つの角度を制御できる小さな鏡をマイコンで動かすというものです。




XBeeと書いてある基板は無線制御(ZigBeeという規格)デバイスで、これを通じて、サーバ=>皆さんに接続する予定です。




レーザポインタでねこをじゃらすビデオはよくありますが、人がやるのは大変です。




いろいろなパターン(最初は少ないかも)で、ねこ達をじゃらせるようにプログラムする予定です。




ねこは同じパターンを繰り返すとすぐに飽きるので、あきさせないようにする工夫がいちばん大事のようです。




現在体調を崩してしまっているので、いつできるかどうかの約束はきびしいデス。




そんなことより、この重いねこをなんとかしてニャ!
DSCF9309_R




DSCF9296_R




DSCF9278_R
もちろんレーザーポインタの出力はフィルタを掛けて弱くし、目に障害が起きないようにシマス。




よかったらポチッとお願いします。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


9 − 五 =