雨の伊豆大島に日帰り釣行(わーい)






夏の暑い頃に予約した今回の伊豆大島釣行でした。




連休や夏休み時期は大島も宿がいっぱいでやっと取れたのがこの時期。




でも秋の釣りシーズンですから期待が高まります。




金曜日の夜、準備していた荷物を持って家人とともに横浜大さん橋から「さるびあ丸」に乗船。




週末の便はいつも満員という感じです。 この週末雨の予報でした。




それでも釣り人、サイクリストが20人ずつぐらいは乗船していました。




我々は磯釣り経験が浅いので、危険な磯には行かずに船着場の堤防で釣りを楽しむ計画です。




大島に近づく午前5時、起きだして身支度。




下船口の先頭に並んで接岸を待ちます。




今回は、「サバの切り身をエサにした落とし込み」「カゴ釣り」2つの釣り方を実行予定です。




「落とし込み釣」りは、短くした中古の船竿に両軸ベイトリール。3号のPEラインに先端には5号のフロロカーボンハリス2mほど。




中通しのおもり5−8号を通して爪楊枝の先端をおもりの穴に突っ込んで、位置を固定。




おもりの先にハリスを50cm程度出して、伊勢尼やチヌバリなんぞを結びます。




針先には短冊に切ったサバの切り身をぶら下げます。




切り身の形や、針へのかけ方に気を使って、水中で上下した時にエサが回転しないようにして仕掛けが絡むのを防止します。




「カゴ釣り」は初挑戦。




シーバスロッドに4号のナイロン糸を巻いた3000番のスピニングリール、10号のウキ、釣具屋さんで手に入れた「カゴ釣り用のかご付き天秤」をセットして




クッションゴムから5号のフロロカーボンハリス2mの先には落とし込み釣りと同じ針を結びます。




ウキ下は4−5mほど。




そんな釣具を準備して望んだんですが、雨はだいぶ強く降って和え物和え物和え物います。




雨合羽を着て下船を待ちます。




船着場の先端までてくてく歩いて行くと2名ほどの地元の方が釣っています。




釣り場が確保出来たんですが、雨、そして強風。




どうなることやら。でも期待も大きいです。




隣の先に釣りをしている方に挨拶をして釣り開始。




カゴ釣りは「アミコマセ」エサに「オキアミ」を付けて投げます。 カゴには付けエサが投げた時のショックで吹っ飛ばないようにする仕組みもあって、うまく投げることができます。




先に釣られている地元の方に聞くと、潮回りはベストではないがまあまあ。




堤防の足元には小魚が大量に群れているのがわかります。「タカベ」だそうで、これをエサに「泳がせ釣り」をされています。




カゴ釣り仕掛けを投入して竿置きにセット。




待つ間、「落とし込み」をやります。




小魚が大量に足元にいるので、「エサ取り」に泣かされます。




大きな切り身でも小魚の猛攻(キタマクラ、カワハギ、ネンブツダイなど)であっという間にボロボロ。




そんな中、家人がやりました。 堤防の先端で落とし込みをしたらいきなり、竿が引き込まれたそうです。




強引に巻き上げることができるタックルなのでゴリ巻きであげたのが40cmほどのカンパチ。




その後、置き竿から「バン」と音が出ました。




何かがかかった。慌てて家人が竿を持ちましたが、時すでに遅し。 巻き上げてみると天秤から下が丸ごとなくなっています。




天秤と道糸とは比較的大きなスナップスイベルを使っていましたが、スナップ部分が壊れて針金がビローンと伸びてしまっていました。




何がかかったのかはわかりませんが、大きな青物だったんでしょう。。。。




気を取り直して、予備のカゴと天秤をセット。 再投入してやると大きさは30cm程度ですがワカシがいれ食い状態。




私も落とし込み釣りで、イシガキダイ、アカハタ、カンパチを釣りました。




カゴ釣りの方でも、ワカシがポコポコ釣れます。




雨、風の中頑張って釣り続けましたが、午後1時には釣りを終了。




午後2時半出発のサルビア丸に乗船。横浜へ戻りました。




和え物和え物 大漁を祝って船内で乾杯して一眠り。




家にたどり着いたのは7時ごろ。 それから釣れた魚をさばきました。




クーラーから取り出した魚たち。


















クーラーをキッチンに持ち帰ると、すぐに常連にゃんこが。





家族全員で魚をさばいて、お刺身に。




美味しい食卓となりました。 自然の恵みに感謝。












































今日の料理(釣りの獲物で)






連続釣りネタで恐縮です。




1日では食べきれない魚を持ち帰ったので、海神(うみがみさまと呼んでます。)に感謝しつつ、今日は別の料理です。




当日に、食べなかったカサゴ、アカハタを開いて塩水に2時間ほど漬けてから、冷蔵庫の中で乾燥させていました。




三浦の農園直販店で手に入れた、大根の葉を無駄にしないように、炒め物、それから菜めし。




卵焼きと大根おろし、味噌汁を添えて、とても和風な夕食。




天日で魚を干せれば最高でしたが、冷蔵庫で乾燥させた干物もとてもうまく焼けていて食べたあとは骨しか残りませんでした。




見栄えはよくないですが。。カサゴの干物。





菜めし。干しエビ入





大根の葉の炒め物。





味噌汁をつければこれだけでも。。。





卵焼き





なすと揚げ出し豆腐のおろしがけ。





全景です。幸せを感じる夕食となりました。





あぶない、落ちるよまた。





いつも外に出たいめーちゃん。





小網代湾ボート釣り10月1日(ねこもお手伝い)






記事にしませんでしたが、先週9月24日も小網代ボート釣りに行ってました。




先週は風邪気味だったせいか、不調でわずかに釣れたソーダガツオを身エサにしてカサゴを連れ帰り、おさしみと漬け茶漬け。




これがまたとってもおいしくて、不調も回復。




翌週の10月1日にも小網代に向かいました。




天気予報は「北の風やや強い」でした。近頃の気象庁の努力には感謝。「予報どおりにやや強い風」でした。




ボート店が営業するか心配でしたが、いつもどおり笑顔のお兄さんたちが到着。開店です。




順番の列の前後の人たちと「釣り談義」をしながら準備をします。




「釣り物はなに? 何をねらうんですか?」と聞かれると、「無宗教で釣れればなんでも」とよく答えます。




オキアミコマセを使っての五目釣りですから、なんでも釣れそうですし、釣れたものは自然の恵みとしておいしく料理していただくのが信条です。




今日も「なんでも釣って食べちゃうぞ。」とボートを漕ぎ出します。




海上に出ると風の影響は結構強いです。 いつものポイントである、マリンパーク下水深30m前後の場所ではアンカーが効きません。




ずるずると、定置網のブイに近づきます。




仕方がないので、定置網の東端(陸地側)のマーカー(竹の枝)より陸地よりにアンカーを入れて釣り始めます。




風でズルズル走錨しますが、ようやく止まりました。




水深20mで釣り始めます。 オキアミコマセ釣りをがんばりますが釣れるのはソーダガツオばかり。




フグにもやられて針を失います。




ウキ釣りもウキ下10mほどでやっているとソーダガツオばかりがかかります。途中小さなシイラも。




10時ぐらいまで頑張りましたが、この釣り方に見切りを付けて、ソーダガツオを一匹バラします。




身エサを小さな天秤仕掛けにつけた1mほどのハリスの先にぶら下げて見ます。




前回、ウロコも一緒に煮付けた「テンス」が2匹連続で釣れました。




敬遠されがち?な「エソ」の大物も連釣。




浅場に移動して「カサゴ」も加えて帰途に付きました。




潮回り。ポイント選び。で大きく違うんだなぁーという実感の釣りでした。




で、キッチンに並べた釣果です。




1日のおかずには多すぎる量ですね。2日分。





キッチンでクーラーを開けていると、定番のさかな好きにゃんこ登場。





お手伝いしますニャっ。いいえ結構デス。




ソーダカツオをさばきます。




よく洗って。3枚におろしたら皮を引いてお刺身に。




エソのすり身は作るのが重労働なのでフードプロセッサを買って処理。楽ちん。




メモ: フードプロセッサでは細かいところまで骨切りは難しい感じです。出刃包丁などで予め切っておくのが吉。




で、完成した食卓。 本日も自然の恵みに感謝していただきます。




三浦の直販店で枝豆。もうシーズンも終わりです。





にんにくと生姜でカツオとシイラ(手前)





家人が自分専用に持ったカツオ





お手伝いご苦労様でした。報酬は?





卵白の混ざったふわふわのエソのすり身すまし汁





「テンス」の煮付け。煮汁が煮詰まるまで丁寧にやると最高においしくなります。





家族もねこも手伝ってくれたのでなんとかなりましたが、早起きしてボートを漕いで釣りをした体はクタクタでした。(笑)




魚を捌き終わってビールを飲んだら、いつの間にか寝てしまったようです。





でも、また行くんだよなぁこれが。。。









家であれこれ(ねこは寝てます。)






台風18号が九州に接近しつつある天気模様です。




釣りに行けるかどうか微妙なところですが、朝の海上の風の予報は「やや強い」でした。




。 朝起きた時にも少し風が感じられたので、安全を見て釣りに行きませんでした。




連休は、代わりに溜まっていた片付けやら何やらをがんばります。




まな板整備
--------------------




何年か前に一度かんな掛けをしたんですが、最近良く魚をさばいていたり、エソを叩いたりしたので削れてきました。




rose に頼まれて、カンナがけをやりました。




意外に包丁を使った中央部分は凹んでいるもので、かんなで削っていくのは大仕事です。




私、家人、rose と3人交代でカンナがけ。




まな板の厚みが2割ほども減ったんぢゃないかと思うほどに削って、綺麗サッパリとなりました。




かんな掛けガシガシ。





かんなくずだらけ。。





まだまだ中央部に包丁の痕跡が。。がんばります。





大汗をかきましたが、まな板が綺麗になると気持ちいいですね。




茎わかめの醤油漬け
--------------------------





わかめの茎の部分を塩漬けにしてあるものを買ってきました。




家族は皆、この醤油漬けが大好きです。




塩漬けになっているのを水に漬けて一晩ほど放置。(12時間ぐらい)




その後、ハサミで適当な大きさに切っていきます。




あとは簡単。ビンに茎わかめと醤油適量。 あとは生にんにくのスライスを入れておきます。




半日もすれば美味しい茎わかめの漬物ができます。




チョキチョキハサミで切っていきます。





ビンに、切った茎わかめ、醤油、にんにくスライス。これでオッケイ。





出来上がりが楽しみです。




小網代ボート釣り今日のお料理。その2(ねこはそっちのけ)






平日は仕事でドタバタしてますので、なかなか更新できないのですが。。。




土曜日に釣った各種の魚。食べきれないほどでした。




土曜日、日曜日、月曜日と獲物を料理した食事が続いて、今日は最後のお料理。




白身のカワハギ、カサゴの刺し身が残ったので、醤油で漬け込んでおきました。




カサゴのアラも残っていたのを冷蔵庫で保管。




今日は家にいる者が、漬け茶漬け?(カサゴのアラの潮汁の出汁でお茶漬け)などを作ってくれました。




うーむうまい。 海の恵みに感謝再びです。




食卓全景。いろいろ並んでます。むふふ。



こちらは、カサゴ、カワハギの漬け茶漬け。香り高い。




別のお茶碗の漬け茶漬け。モフ君が狙ってる?




こちらは保存しておいた、塩サバ。甘塩でふっくら焼き上がり。





温かいご飯と一緒にいただく幸せの夕ごはん。




また、美味しい食材を求めて。。。。今シーズンは好調なんです。はい。




小網代ボート釣り今日のお料理(ねこはそっちのけ)






昨日釣った、豊富な獲物を使って今日の夕食も豊かなものになりました。




昨日料理せずにとっていたものは、




カサゴ、カワハギ、ソーダガツオです。




いずれもお刺身、カルパッチョにしていただきました。




右側はカサゴ。手前がカワハギです。赤身はソーダカツオ、真ん中はカワハギの肝





ソーダガツオのカルパッチョ





カツオとめかぶのとろろ和え





カワハギのあらでお吸い物。これが絶品でした。





きゅうりの糠味噌漬け。古漬けを水にさらしてすりごまで。





今日も続いて海の恵みを頂戴しました。感謝。




魚を料理しているとキッチンでお手伝いを申し出るねこは決まっています。(写真は既出です)




マー君





モフ君





ピート君





いずれも男の子。というのが面白いですね。




メー、ムー、リッキーは知らん顔です。




小網代ボート釣り(秋風を感じながら。。。)






昨日は、rose も 家人も家に戻ってきたので、小網代湾のボート釣りにでかけました。




秋の日差し、快晴、凪の気持ち良い天候のもと、釣りを楽しみました。




これまで行ってきたボート釣りの中では最大の釣果でした。




前半はマリンパーク下を沖に進み、30mほどの深さのところでビシコマセ釣り。




この近辺は沖に進むと急激に27m程度から35mほどに深さが変わる(かけあがりというより崖の感じ)ところがあります。




その浅い側をよく狙っています。 アジとかイサキはいないんですけど。。。




タイらしきアタリもありましたが、惜しくも針ハズレ。




でも、ソーダガツオ、カワハギの入れ食い状態。














途中で、ウキ下3mほどにしてオキアミをつけた針を流したら、シイラが。。。。




全長60cmほどですが、強烈なジャンプの連続を見せてくれました。




でも取り込むときに魚を掴んだ形で取り込まないと、中で大暴れ。




釣具やエサをぐちゃぐちゃにされてしまいました。。。。




後半は、ソーダガツオの身を使って、カサゴ釣り。 おまけで小さいタコも。





タコは内蔵を取り、たっぷりの塩で揉み込んでぬめりを取ります。(3回は繰り返す)





大きさにもよりますが、茹でたら、切るだけ。




帰宅途中で友人の家に立ち寄っておすそ分けしてもこれだけあります。









ピンクの魚体は「テンス」 頭を落とし、ワタを取り出しただけで、うろこごと「あまからの醤油出汁で煮付ける(炒りつける)」と最高の肴に。 ウロコが歯ざわりよく食べられるなんでなんて初体験でした。




今日はソーダガツオ、ゆでタコのお刺身、テンスの煮付け、シイラのムニエル(バルサミコソース添え)。




ソーダガツオはすべてヒラソーダでラッキーでした。




今日はなんだか疲れて魚を処理して、料理ができたら写真を取るのを忘れてしまいました。ごめんなさい。




カサゴとカワハギは何にして食べよかな。。。




生き残りをかけて。。。(にゃんこのことではありません。)






先日の記事で、rose と家人が旅にでた。と書きました。




本日も「旅」は継続中です。。。。




のこされた、だいまおとadmin は冷蔵庫などにある貯蔵食料品を小出しに食いつないできました。




今日は、発作的に「鉄板焼き」を実行。




残された食料のことは忘れて、野菜やら鶏肉やらいろいろ準備。









我が家では以前から「麸」を薄めた「そばつゆ」と溶き卵をしみこませたものをよく鉄板焼きの材料に使います。




写真右側のボウルに入っているのが麸です。鉄板に乗ってます。





焼きあがるのが早くて、味も美味しい。 本命の具材が焼きあがる前菜
として重宝しています。




最近 admin が手に入れてくれた、刺し身専用の醤油。今度の釣りの成果に使います。









そんな鉄板焼きを楽しんだ後、後片付けもちゃーんとやりました。









平日は仕事があるので本当に簡単な食事しか用意できませんが、週末ぐらいは「旅」の輩をさておいてリッチな食事をいただきまーす。




にゃんこには全く関係のない記事でしたっ。




ねこの写真を撮影していないと、アルバムからしばしばピックアップされる画像です。(リッキー)




メーちゃん。6Kg(もう。。。)






今日はメーちゃんが食べたものを吐き戻しました。




血の色がついていて、びっくり仰天した家族が獣医先生に連れて行きました。




診断結果は大丈夫。 「食べた草が胃壁を傷つけた」という結論でした。ほっ。でもね、病院で体重測定したら、6Kg.




で、今日だけ優しく扱われるメーチャンでした。




特別室(寝室)で、布団でくつろぐメーチャン。



































病院に行っても、のほほんのメー姫です。




話題変わって、週末、凝りずにまたまた釣りに行って、再びサバ爆釣でした。




台風5号のあと、サバが釣れなくなっていたんですが、2週間経過して復活した感じデス。




サバの一部はソテーに。(おろしにんにく)ソースはバルサミコがベストマッチ。









巨大なエソが再びつれました。今回もお吸い物ですが、卵と山芋の分量を工夫しました。




ふわふあのすり身がえもいわれぬおいしさでした。









凝りずに小網代ボート(たくさんは釣れませんでしたが・・・・)






夏休みも終盤。小潮まわりでしたが凝りずに小網代ボートに出撃しました。




台風5号以後、サバの爆釣モードは影を潜めた感じです。




ベタ凪、油を流したような海面。静かです。




水深30mほどのいつものポイントでビシ釣りを開始します。




サバ、ソーダガツオ、エソ、シイラ(子供)などが釣れました。




12時をすぎると雨が本降りになってきたので撤収。数本の釣果でしたが夕食のおかずには十分。




魚の写真はありません。(撮影し忘れ。)



釣った魚の調理中に必ず待機するふたりのにゃんこ




マー君




モフ君





美味しい食卓になりました。








いつも釣りの帰りに立ち寄る三浦野菜産直店で300円で買った枝豆。いい香り





エソは随分と大きかったんです。外観は大きな口と歯、ぬめぬめした魚体もあって持ち帰らない方もいるかもしれませんが、それは間違いです。すり身にして今回はとろろ芋も一緒にしたら最高の吸い物ができました。








とろろ芋と合わせたら、みぞれ風になりました。(若干失敗)




シイラ、ソーダガツオはお刺身に。(白っぽい身はシイラです)









サバはおろしにんにくを下味につけたソテー。バルサミコ酢でいただきます。(この相性は抜群。)








マー帝王は特別扱い?食卓で一緒にお刺身をいただきました。





おいしい食卓を囲めたことを「海神さま」に感謝。




3台目のねこハンモックとサバおろし鍋(ねこ広場)






台風5号が過ぎてから、ジメジメした夏休みになりました。




我が家では先日、大漁だったサバを塩サバにして冷凍しておいたものを「おろし鍋」にしていただきました。




写真はありませんが、とても美味しかったです。 作り方は簡単。




1.塩サバを2−4匹分用意。
2.半身になっていると仮定して、これを3−4に切り分けます。
3.ステンレスのバットなどに並べてバーナーで表面を炙って焦げ目を付けます。
4.大根一本分をおろし金ですりおろし「大根おろし」をたっぷり作ります。
5.大きめの鍋(フライパンでも。)に水を適当に張り、沸かしはじめます。
6.湯になっていく前に切った昆布を入れて出汁を作ります。(好みで他の出汁も。我が家の場合サバで十分でした)
7.炙ったサバを入れます。(沸く前に入れます。)
8.中火で煮立てて行きます。
9.数分サバを煮ます。
10.大根おろしを鍋に入れてひと煮立ちしたら完成。





暑いので、鍋をコンロからおろして、テーブルに出します。




サバのかおりが気になる方は、白胡椒をかけるのもいいですね。 ゆず胡椒も。ポン酢も合います。




たっぷり作った鍋があっという間に完食でした。




で、本題のねこハンモック。 1年ほど前に作ってねこに人気のねこハンモック。




2台のハンモックだと、あぶれたねこが時々でるようなので3台目を作ることにしました。




こちらは最初のころの制作記事です。ねこハンモック初代




写真では3びきが同時に寝るところを捉えてませんが、お気に入りになったようです。
























リッキーは「ねこ基地」「キャットウォーク」がお気に入りですが、あまりここには来ません。




小網代ボート釣り。大サバ再び。タイも(祝宴わーい)






小網代 3回めの釣行です。今回は大潮でした。




台風は大東島近辺でうねりはあるものの、風もなく良い日よりでした。




7時前には岸払い。 30mほどの水深の沖を目指します。




この時期は20m程度の水深だとサバなどの回遊魚はどうも入ってこない様子なので深めの場所に行きます。




ボート乗り場で挨拶をした常連さんが何故か一緒にポイントに。




こちらがGPSナビや魚群探知機を装備しているのを見て狙いを定められたようです。




こちらは責任重大。頑張って釣れそうな場所を見定めます。




最初はフグにハリを食いちぎられることが多発しました。 悔しいので誘い上げる釣り方に変更したら、大きいフグが連チャンで釣れました。




もちろん食べるわけにはイカないので、リリース。




でもこれをきっかけに大サバが釣れ始めました。




ビシカゴにコマセをたっぷり入れて穴も大きめにしておくとサバがよく釣れることがよくわかりました。




クーラーの半分程も釣れたので満足して、定置網のそばに移動することにしました。




20mほどの水深のところで何匹かのフグを釣りましたが魚影はあまり無いようです。




と、思ったら大きなアタリ。うぉ、三段引きです。こ、これは。。。




予想通り。「マダイ」 37cmですから大物とは言えませんが綺麗な魚体。









もう大満足の釣行となりました。









サバはのせきれないので代表選手だけ。いずれも40cm超えクラスです。




家に帰ってからはサバの処理、タイをさばき、豊かな食卓に。




海神さま、今日もお恵みをありがとうございました。



タイが釣れたのでお祝いに家人が買ってくれたお酒




近所の夏祭りの売店で焼き鳥も!




エシャロットと味噌




タイのお刺身は皮付きで炙りに。これは絶品




ごぼうとタイのカブラ煮。奥にあるのは山椒の実の漬物です。最高の相性ですね。





今日のアタリ仕掛けは、サバのウィリー仕掛け。(2本針 全長2m)ハリスが4号あって扱いやすく大サバを抜きあげても余裕です。




サバは移動スピードが早いせいか、魚群探知機にはあまり映りません。

日曜日は小網代湾でボート釣り(サバ爆釣)






久しぶりに小網代湾にボート釣りに行ってきました。




ボートは手漕ぎです。(人間エンジン)




気温、水温ともに上昇していて浅場ではあまり釣果が望めないと思い、沖へ向かいます。




小網代湾の正面には沖ブイがあります。 そこまでは行きませんでしたが、水深35mほどの推進の場所にアンカーリング。




もう、一投目からビシ+ウイリー仕掛けには大サバの猛攻。




とにかく入れ食い状態です。




選んだポイントも良くなかったようで、他の魚はちっとも釣れません。トホホ。




朝9時前にはクーラーも7分目までいっぱいに。氷が持たないのでこれで終了。




最後につれたサバをバラして、切り身のエサにして浅場へ移動。




カサゴを追加、小さいタコも釣って帰りました。




途中実家に立ち寄ってサバのおすそ分け。数本おろして上身にして出発。




家に帰ってからもサバの処理が続きます。




今晩は竜田あげ。 大半はしめ鯖に加工。



タコはゆでてオリーブオイル、オレガノで香りづけ




三浦の産直野菜店でゲットしたヤングコーン。素晴らしい香り(生です。切っただけ)




キャベツの塩もみ




竜田揚げ。





アニサキスがいるかもしれないので、火を通さないシメ鯖は一旦冷凍してストックに。




今日は幸せの食卓でしたっ。 ごちそうさま。














で、ボート釣りの途中大物が釣れたんです。 仕掛けを海底に落として底で仕掛けを上げ下げしていたら急にぐいーっと重い引きが。




やったーとやり取り開始。引きはさほどでもないですが重い重い。10分ほどかけてゆっくり上がってきてくれましたが、その大きさにびっくり。




横幅1mはある、エイでした。 とてもボートに引き上げることはできず、糸を切ってリリースしました。




いるんですね。こんな大きいエイが。。。










            よかったらポチッとお願いします。

   にほんブログ村 猫ブログへ


関連記事

象の鼻? くつろぐねこたち(美味しい食卓)






毎日、暑い日が続きますね。




我が家のにゃんこたちものびのびしています。




暑いので床に直接寝そべることも多いです。









あまり暑いのでエアコンを入れると、今度は丸くなって寝ています。









暑い時には、コンロを使った料理は大変ですね。




今日はroseが、魔法鍋を使って豚肉の塊を料理してくれました。




魔法鍋は、一旦煮立った鍋をこの中に入れて冷めないように熱を維持する料理方式です。




柔らかく煮るために野菜はかなりの高温が必要ですが、肉の場合は低い温度でも柔らかくすることができます。




豚肉の塊を調理するときには最適の料理法と思います。




コンロの火を長時間つけっぱなしにしないので、エコな料理法。




この魔法鍋は、東北震災のあとに考えるところがあって購入したものです。




とても美味しく料理ができました。




おっと、その前に本題の「象の鼻」です。




ちょっと象の鼻には見えないんですけど。家人の努力の作です。




で、今日の料理は。。。。














豚肉はふわふわに柔らかくて、あっという間に食べてしまいました。




ごちそうさまでしたっ。





            よかったらポチッとお願いします。

   にほんブログ村 猫ブログへ


関連記事

再び、釣りに。(今度はにゃんこ達にも。)






凝りもせず、先日行った荒崎に釣りに行ってきました。




朝からの釣りですが、メジナを釣るほどのサラシのなく静かな海です。




まだまだ磯釣り初心者ということで、アイゴをメインに狙います。




前回、オキアミを撒き餌、付けエサもオキアミでやったのですが、小鯖などのエサ取り軍団に泣かされました。




ネットの情報を勉強すると、アイゴは「米ぬか、パン粉、押し麦」などを撒き餌に、「押し麦」「酒粕」を付けエサにすると良いと書いてあります。




今回はその教えに従い、準備をしました。




酒粕は家にあるものを使おうとしたのですが、柔らかすぎて断念。 押し麦を水にひたして電子レンジで適当にチンしたものを持参。




以前に余っていた、持ちの良いオキアミ付けエサ(砂糖漬けみたい)を持って行きました。




結果は惨敗。 撒き餌は成功。 でも押し麦にはアイゴは見向きもしてくれません。




オキアミを付けエサにすると、前回と同様エサ取り軍団の猛攻。




ちょっと深いところにいるアイゴまでエサが届きません。




ハリのちもとにガン玉を付けて、昼ぐらいになってからようやく2匹アイゴを釣ることに成功。




おまけで釣れた小鯖も持ち帰り。小鯖はにゃんこ達へのおみやげに。









こちらはサバをねこ達に献上した様子の動画です。









我が家のにゃんこは丸(まる)の魚に遭遇するのは生まれて初めて。




匂いに興味はあっても、いきなり噛み付いたのはモフ君だけでした。




モフ君も食べることはできず、格闘するのみ。




一旦回収して、身をおろしてご提供しなおしたら、以前から魚を釣ってくるたびに、おこぼれをおねだりする、マー君、ピート君、モフ君の3匹だけが食べてくれました。




あ、それから外ねこの「クロママ」もおろしたサバをおいしく食べてくれていました。




さ、今度は人間様の分をしっかり調達したいものです。





            よかったらポチッとお願いします。

   にほんブログ村 猫ブログへ


関連記事

ねこをヤシナイに釣に出かける。(でも食べるのは人間にゃっ)






久しぶり?に平日にお休みとなりました。




ゆっくり釣りをしてみたいと計画していたんですが、今日は雨。




でも、めげません。荒崎の磯を目指して出発!




途中で予約しておいた解凍済みオキアミを購入。(横須賀釣りセンターの親父さんいつもありがとう。)




で、荒崎のどんどん引きで釣り始めました。平日の雨。だーれもいません。




なかなか釣れなくて、今日はアイゴの大物ばかり。




昼間で釣って、5匹の30cmクラスばかり、豪快な引きを楽しみました。




棘があるのですが、それをかわしてクーラーに。(氷じめ)




家に持ち帰って、内臓を取り出して三枚に。




皮を引いて、半身を上と下に切り分けます。




身が新鮮なので、中央の骨を骨抜きにするのはとても難しいです。




結局包丁で切り分けで上身と腹身とに分けました。




あとはroseが刺し身にして盛りつけてくれました。




処理中のアイゴ達。



















出来上がりの刺し身。





残りは濃い塩水に漬けて1時間




冷蔵庫で冷間乾燥。干物にします。




アイゴは美味しい魚です。(キッパリ)




数日後に刺し身とは違う、干物も楽しめそうです。




ねこたちも魚の処理中は嬉しそうです。









で、久しぶりの多くの美味しいお刺身を堪能いたしました。





            よかったらポチッとお願いします。

   にほんブログ村 猫ブログへ


関連記事

今シーズン初のカヤックフィッシング(疲れたー。でも夕食は最高)






昨日は今シーズン最初のカヤックフィッシングに「家人」とともにでかけました。




夢は大タイ。これまで準備したカヤック装備のテストも兼ねます。




実際に出てみると、二人共体力低下? 昨年やっていたことをすっかり忘れていて貧果に泣きました。




以下の映像は、カヤックに搭載した海図ナビ、映像録画装置が撮影した映像を編集したものです。









取り付けたカメラは本命のロジテックC930eは使わず、手持ちの古いカメラロジクールC525(ロジテックとロジクールは同じ会社の米国と日本でのブランドです。あえて使い分けています。)を使いました。




もっとカメラを離して、画角を広く取らないと二人分の姿を撮影するのは難しいと理解しました。




発進基地としている三浦半島 和田長浜は連休のファミリー連れで大賑わい。 砂浜中、バーベキューの香りが満ちていました。




前日からテントで宿泊している人たちもいました。




朝はベタ凪。でも曇で気温も低くて寒かったです。 9時過ぎには日も差し始めて暖かくなりました。




昨シーズンにカヤックのスカッパーホールに亀裂が入ってしまい、それを知らずに出艇したもんで危うく遭難しかけた経験を元に、カヤック内の浸水を検知するブザーも追加。




今回は修理の結果も順調で、このブザーのお世話になることもありませんでした。




体力低下であまり沖に行くのは危険と思い、浅場での釣りに。




海図ナビはGPSの衛星補足の時間がかかりましたが、現在地の捕捉には問題なし。




問題は、1秒毎の現在地更新が早すぎるようで、Kindleの電池消耗が意外に早かったことです。




ゆっくり移動するカヤックですから、2秒あるいは3秒に一回程度の更新間隔で、十分な気がします。




あとは利用する海図のデータですね。インターネットで拾った釣りのポイント画像を地図に貼り付けましたが、画像の精度が今ひとつ。




正確な状況を掌握するのは困難でした。




良い海底地形図を手に入れて見たいと思います。




そちらの画像を撮影する余裕もありませんでしたが、実用化をめざし今後報告したいと思います。




一方釣りの方は不調でした。 




わずかに釣れた魚(カサゴ27cm)と、帰りに立ち寄った産地直売の三浦野菜を使ってみんなで夕食を作りました。




産直のおばさんのおすすめ。サラダ用ほうれん草のサラダ。




ごま油を熱してかけまわします。香ばしいサラダです。





ポテトサラダ。





ポテトと玉ねぎ、セロリを使ったビシソワーズ(冷製スープ)





定番アクアパッツア。甘海老がやすかったのとシーフードミックスもたっぷり入れました。(今日は白ワインの代わりに日本酒利用)





先日、甲府に遊びに行った家人が買ってきたおみやげの甲州ワイン。おいしそう





こちらは手作りピザ。





ピザ、アップ写真。トマトとモッツァレラチーズ。厚めの生地で周りをバーナーで焦がしました。





並んだも一枚のアップ写真。





他にもシーフード、ジェノベーゼソース、たけのこときのこ いろいろ手作りピザを楽しみました。(食べ始めたら写真撮影忘れました。)




美味しい甲州ワイン(超さっぱり味)で口をゆすぎながらの楽しい夕食の一時でした。




疲れきってバタンキューと寝たら今日は全身筋肉痛です。とほほ。

            よかったらポチッとお願いします。

   にほんブログ村 猫ブログへ


関連記事

チャトラン お立ち寄り(クロママのごはんが。。。)






まだまだ寒いですね。




外ねこのクロママはこの冬も乗り切って元気にしています。




しばらく前から報告している、「チャトラン」君の乱入が続いています。




定期的に我が家の庭に侵入してきます。 ほとんどの場合、「ナーオ」「ナーオ」と連続でなきながら通過していきます。




なわばりを点検しているんでしょうね。




クロママを見れば、追い払います。




クロママ用のごはん皿を見つけたようで、どうどうと食べていく姿が録画されていました。









窓の内側のベッドにいるマー君は、どういう気持ちで彼?のことを見ているんでしょうか。。。




友達?、敵?、他人?





            よかったらポチッとお願いします。

   にほんブログ村 猫ブログへ


関連記事

ゴハンの後はもちろんお休み(いつものことですニャっ)






ねこたちは、外にあこがれています。




部屋にいるだけでは、6匹いて遊ぶのもだんだん飽きてくるようです。




人間が遊んであげるのもずーっとというわけにはいかないし。。。




時々カリカリごはんではなくて、缶詰のカツオとかをあげると大興奮。




みんなお皿をもらってパクパク。





ムーちゃんは菜食主義? 野菜もかじりますが、キャットフードも。





ゴハンが終われば、あったかーいカーペットの上でのびのび。





もう少しで春に。 暖かくなったら庭に来る生き物を仮想ハンティング。。。





            よかったらポチッとお願いします。

   にほんブログ村 猫ブログへ


関連記事

トマトソース パニック(小心者のにゃんこたち)






今日は休日なので、食事登板は私が担当です。(いつもそうだと決まったわけではありませんが)




外出して運動をしてきて、夕食を作ります。




今日は定番の、スープたっぷりのパスタです。




このパスタにはトマトソースをトッピングするんです。




トマトソースを作るときにはいつもこんな手順です。




フライパンにつぶしたニンニクを3-4片。




オリーブオイルを適宜(いつも多めに入れてます。)




乾燥唐辛子を3-4本。




結構強めの火で温めます。




ニンニクが焦げない前に缶詰あるいは賽の目に切ったトマトを投入。(全量の1/3程度)




熱したオリーブオイルがトマトと反応して盛大に霧状のオリーブオイルがはねます。




そこにコンロの火が入るので、大きな焔が上がります。




植物油が燃えると独特の香ばしい香りがついて最高の仕上がりになります。




おっと、オレガノを入れるのをわすれてはいけませんね。 全量のトマトを入れて煮詰めていきます。




数分でトマトソースの出来上がり。




あとはパスタ。 ベーコン、唐辛子、きのこ、青物葉物、ナス、アスパラ、スナップエンドウ、ブロッコリー、なんでもいいですねっ!




オリーブオイルとニンニクで炒めたところに、ゆであがったパスタとゆで汁(塩味きちっとはいってないといけません。)をたっぷりと入れて




仕上がります。最後にトマトソースをトッピング。




細目のパスタを使っていますが、6分のゆで時間のものなら、5分でゆでを完了し、フライパンに移してから処理している間にゆで加減もアルデンテ。




で、前置きが長くなりましたが、 トマトソースに盛大に火がはいったときに、寝ていたにゃんこたちがパニック状態に。




パスタ完成。大盛ですね~。





トマトソース完成状態。





以下は、トマトソース作成時のパニック映像。




ねこ広場で寝ていた、5にゃん達。





一人ねこ屋上で、マターリとしていたマー君。






            よかったらポチッとお願いします。

   にほんブログ村 猫ブログへ


関連記事