エソはすり身がおいしい(釣り報告)






以前に釣行していた写真です。




このときは、なかなか釣れなくてやっと釣り上げた魚たち。




おかずとしておいしくいただきました。




定番のカサゴ、めずらしく大きなアナゴ。 そしてエソです。




IMGP9013




どれも30㎝近い大物で、アナゴは全長60㎝ぐらいあります。




エソがとっても大きくて、引きもなかなかでした。




で、料理です。




こちらも定番のカサゴのアクアパッツア IMGP9019




カサゴのお刺身。大きかったのでたっぷりあります。 IMGP9021




アナゴは味を楽しむために白焼きに。 IMGP9028




アナゴはまな板に乗りきらないので、先に半分にしてから背開きにするのが定番です。




が、その情報をつかむ前に作業を始めてしまいました。 苦労して背開きにしました。




半分にしたら、串を刺します。皮と身の間にうまく刺しましょう。竹串なので露出すると焦げてしまいます。




まずはお酒に浸して、簡単に蒸してから、グリルで白焼きに。




これは抜群のおいしさ。




こちらはエソ2匹を使ってすり身の吸い物に。 IMGP9018




うろこを取ります。




はらわた、頭を取って中を丁寧に洗います。




3枚におろしてから、皮を取ります。




皮をまな板に当てて、皮を引っ張りながら包丁を動かして引いていきます。




中骨以外の骨は柔らかいので、そのままに包丁で丁寧にたたいていきます。




丁寧にたたきます。




次に、すり鉢にすり身を入れて、塩少々でさらにすり身を仕上げていきます。




卵白を2個分加えてさらにスリマス。 さらに片栗粉を加えます。




白だしなどを使ってあっさりと仕上げただし汁を温めます。




練りあがったすり身を適当な大きさにしてだし汁に落とします。




仕上げに三つ葉なんぞを入れたら最高ですね。




これは至福の味。 こんなにおいしいとは思いませんでした。 エソ最高。




おまけのトマト。 IMGP9022




釣りを終えて魚を処理していると、おすそ分けを狙うねこがいます。




我が家のねこたちは、カリカリキャットフード、カツオ缶程度しか味をしらないのですが、




新鮮な魚の破片をあげたら、信奉者になってしまいました。




マー君とピート君です。




毛刈り前のマー君。 IMGP8997




ピート。KYないつもの顔です。 IMGP8033R




釣りから帰ると、キッチンで喜んで迎えてくれるようになりました。





            よかったらポチッとお願いします。

   にほんブログ村 猫ブログへ


関連記事