雨の伊豆大島に日帰り釣行(わーい)






夏の暑い頃に予約した今回の伊豆大島釣行でした。




連休や夏休み時期は大島も宿がいっぱいでやっと取れたのがこの時期。




でも秋の釣りシーズンですから期待が高まります。




金曜日の夜、準備していた荷物を持って家人とともに横浜大さん橋から「さるびあ丸」に乗船。




週末の便はいつも満員という感じです。 この週末雨の予報でした。




それでも釣り人、サイクリストが20人ずつぐらいは乗船していました。




我々は磯釣り経験が浅いので、危険な磯には行かずに船着場の堤防で釣りを楽しむ計画です。




大島に近づく午前5時、起きだして身支度。




下船口の先頭に並んで接岸を待ちます。




今回は、「サバの切り身をエサにした落とし込み」「カゴ釣り」2つの釣り方を実行予定です。




「落とし込み釣」りは、短くした中古の船竿に両軸ベイトリール。3号のPEラインに先端には5号のフロロカーボンハリス2mほど。




中通しのおもり5−8号を通して爪楊枝の先端をおもりの穴に突っ込んで、位置を固定。




おもりの先にハリスを50cm程度出して、伊勢尼やチヌバリなんぞを結びます。




針先には短冊に切ったサバの切り身をぶら下げます。




切り身の形や、針へのかけ方に気を使って、水中で上下した時にエサが回転しないようにして仕掛けが絡むのを防止します。




「カゴ釣り」は初挑戦。




シーバスロッドに4号のナイロン糸を巻いた3000番のスピニングリール、10号のウキ、釣具屋さんで手に入れた「カゴ釣り用のかご付き天秤」をセットして




クッションゴムから5号のフロロカーボンハリス2mの先には落とし込み釣りと同じ針を結びます。




ウキ下は4−5mほど。




そんな釣具を準備して望んだんですが、雨はだいぶ強く降って和え物和え物和え物います。




雨合羽を着て下船を待ちます。




船着場の先端までてくてく歩いて行くと2名ほどの地元の方が釣っています。




釣り場が確保出来たんですが、雨、そして強風。




どうなることやら。でも期待も大きいです。




隣の先に釣りをしている方に挨拶をして釣り開始。




カゴ釣りは「アミコマセ」エサに「オキアミ」を付けて投げます。 カゴには付けエサが投げた時のショックで吹っ飛ばないようにする仕組みもあって、うまく投げることができます。




先に釣られている地元の方に聞くと、潮回りはベストではないがまあまあ。




堤防の足元には小魚が大量に群れているのがわかります。「タカベ」だそうで、これをエサに「泳がせ釣り」をされています。




カゴ釣り仕掛けを投入して竿置きにセット。




待つ間、「落とし込み」をやります。




小魚が大量に足元にいるので、「エサ取り」に泣かされます。




大きな切り身でも小魚の猛攻(キタマクラ、カワハギ、ネンブツダイなど)であっという間にボロボロ。




そんな中、家人がやりました。 堤防の先端で落とし込みをしたらいきなり、竿が引き込まれたそうです。




強引に巻き上げることができるタックルなのでゴリ巻きであげたのが40cmほどのカンパチ。




その後、置き竿から「バン」と音が出ました。




何かがかかった。慌てて家人が竿を持ちましたが、時すでに遅し。 巻き上げてみると天秤から下が丸ごとなくなっています。




天秤と道糸とは比較的大きなスナップスイベルを使っていましたが、スナップ部分が壊れて針金がビローンと伸びてしまっていました。




何がかかったのかはわかりませんが、大きな青物だったんでしょう。。。。




気を取り直して、予備のカゴと天秤をセット。 再投入してやると大きさは30cm程度ですがワカシがいれ食い状態。




私も落とし込み釣りで、イシガキダイ、アカハタ、カンパチを釣りました。




カゴ釣りの方でも、ワカシがポコポコ釣れます。




雨、風の中頑張って釣り続けましたが、午後1時には釣りを終了。




午後2時半出発のサルビア丸に乗船。横浜へ戻りました。




和え物和え物 大漁を祝って船内で乾杯して一眠り。




家にたどり着いたのは7時ごろ。 それから釣れた魚をさばきました。




クーラーから取り出した魚たち。


















クーラーをキッチンに持ち帰ると、すぐに常連にゃんこが。





家族全員で魚をさばいて、お刺身に。




美味しい食卓となりました。 自然の恵みに感謝。












































なかよしマー君、ピート君(大ねこ同士)






気温が下がり始めてねこの居場所は大きく変化中です。




ま、そうは言ってもねこの好きな場所はだいたい決まっています。




1.マー君




ねこケージの屋上が大好き。 「ねこ屋上」カメラから見ることができます。




2.めーちゃん




「ねこ窓」、あとは居間の外にいることも多いです。




3.ムーちゃん




「ねこ広場」ハンモックが大好き。よーく寝てます。




4.リッキー




「ねこ基地」滞在時間が群を抜いています。滞在時間が長い分、落下の確率も。。。




5.ピート




「ねこケージ」 ここが心の故郷のようです。安心できる場所があるのは良いことです。




6.モーフィ




「ねこ広場」周辺。 動くものがあるとそこにタダチに出動。




「キャットウォーク」には、景色が良いのでみんなが立ち寄ります。




今日は、「ねこ屋上」に3匹集まったところ。




ボクタチ仲良し




内緒だよ。




なぜか優しいマー帝王




ボクタチは特別な絆で結ばれてますニャっ。









秋の窓辺(狩りをいろいろ)






すっかり秋の季節。 まだ紅葉には遠いですが、長袖が必要ですね。




ねこたちも気温が下がったのであちこち居場所を探しています。




今日は庭で飛ぶ蝶を発見してみんなで「ねこ窓」に集まっているところ。














興奮していろいろ動きがあります。




カラスなんか来たら大変です。(既出ですが)









食欲の秋。ねこも太りぎみなので、ダイエット開始です。









今日の料理(釣りの獲物で)






連続釣りネタで恐縮です。




1日では食べきれない魚を持ち帰ったので、海神(うみがみさまと呼んでます。)に感謝しつつ、今日は別の料理です。




当日に、食べなかったカサゴ、アカハタを開いて塩水に2時間ほど漬けてから、冷蔵庫の中で乾燥させていました。




三浦の農園直販店で手に入れた、大根の葉を無駄にしないように、炒め物、それから菜めし。




卵焼きと大根おろし、味噌汁を添えて、とても和風な夕食。




天日で魚を干せれば最高でしたが、冷蔵庫で乾燥させた干物もとてもうまく焼けていて食べたあとは骨しか残りませんでした。




見栄えはよくないですが。。カサゴの干物。





菜めし。干しエビ入





大根の葉の炒め物。





味噌汁をつければこれだけでも。。。





卵焼き





なすと揚げ出し豆腐のおろしがけ。





全景です。幸せを感じる夕食となりました。





あぶない、落ちるよまた。





いつも外に出たいめーちゃん。





小網代湾ボート釣り10月1日(ねこもお手伝い)






記事にしませんでしたが、先週9月24日も小網代ボート釣りに行ってました。




先週は風邪気味だったせいか、不調でわずかに釣れたソーダガツオを身エサにしてカサゴを連れ帰り、おさしみと漬け茶漬け。




これがまたとってもおいしくて、不調も回復。




翌週の10月1日にも小網代に向かいました。




天気予報は「北の風やや強い」でした。近頃の気象庁の努力には感謝。「予報どおりにやや強い風」でした。




ボート店が営業するか心配でしたが、いつもどおり笑顔のお兄さんたちが到着。開店です。




順番の列の前後の人たちと「釣り談義」をしながら準備をします。




「釣り物はなに? 何をねらうんですか?」と聞かれると、「無宗教で釣れればなんでも」とよく答えます。




オキアミコマセを使っての五目釣りですから、なんでも釣れそうですし、釣れたものは自然の恵みとしておいしく料理していただくのが信条です。




今日も「なんでも釣って食べちゃうぞ。」とボートを漕ぎ出します。




海上に出ると風の影響は結構強いです。 いつものポイントである、マリンパーク下水深30m前後の場所ではアンカーが効きません。




ずるずると、定置網のブイに近づきます。




仕方がないので、定置網の東端(陸地側)のマーカー(竹の枝)より陸地よりにアンカーを入れて釣り始めます。




風でズルズル走錨しますが、ようやく止まりました。




水深20mで釣り始めます。 オキアミコマセ釣りをがんばりますが釣れるのはソーダガツオばかり。




フグにもやられて針を失います。




ウキ釣りもウキ下10mほどでやっているとソーダガツオばかりがかかります。途中小さなシイラも。




10時ぐらいまで頑張りましたが、この釣り方に見切りを付けて、ソーダガツオを一匹バラします。




身エサを小さな天秤仕掛けにつけた1mほどのハリスの先にぶら下げて見ます。




前回、ウロコも一緒に煮付けた「テンス」が2匹連続で釣れました。




敬遠されがち?な「エソ」の大物も連釣。




浅場に移動して「カサゴ」も加えて帰途に付きました。




潮回り。ポイント選び。で大きく違うんだなぁーという実感の釣りでした。




で、キッチンに並べた釣果です。




1日のおかずには多すぎる量ですね。2日分。





キッチンでクーラーを開けていると、定番のさかな好きにゃんこ登場。





お手伝いしますニャっ。いいえ結構デス。




ソーダカツオをさばきます。




よく洗って。3枚におろしたら皮を引いてお刺身に。




エソのすり身は作るのが重労働なのでフードプロセッサを買って処理。楽ちん。




メモ: フードプロセッサでは細かいところまで骨切りは難しい感じです。出刃包丁などで予め切っておくのが吉。




で、完成した食卓。 本日も自然の恵みに感謝していただきます。




三浦の直販店で枝豆。もうシーズンも終わりです。





にんにくと生姜でカツオとシイラ(手前)





家人が自分専用に持ったカツオ





お手伝いご苦労様でした。報酬は?





卵白の混ざったふわふわのエソのすり身すまし汁





「テンス」の煮付け。煮汁が煮詰まるまで丁寧にやると最高においしくなります。





家族もねこも手伝ってくれたのでなんとかなりましたが、早起きしてボートを漕いで釣りをした体はクタクタでした。(笑)




魚を捌き終わってビールを飲んだら、いつの間にか寝てしまったようです。





でも、また行くんだよなぁこれが。。。









リッキーのスルドイ目(ジローリ)






我が家のリッキーの本名は フレドリカ・ジェントリィです。




外ねこのクロママとポっちゃんの子供(女の子)です。




兄弟にピート君がいます。




宇宙征服が目標のねこですが、最近はその目標はちと怪しくなっているようです。




宇宙征服に燃えていたころのリッキー





おめでたい感じの宇宙征服リッキー





マー君に惚れられているようで、よくマー君にのしかかられています。




男の子のような顔つき。










時にはモンスターモードに





そんなリッキーが先日ライブカメラ「キャットウォーク」でちょっとおもしろいところを見せてくれました。









カメラに近いところで、リッキーの様子がよくわかります。




ねこ大脱走。回収編(大変でした。。。。)






ねこ大脱走の続き記事です。




ねこが大脱走したときは朝7時前後。roseがふと窓を見ると、見たことのあるねこが庭を歩いています。




外猫のポっちゃんかと思ったら、よく見ると、ピート。 「ヴぇー大変」と慌てて回収に。




その様子を収めた動画です。編集して短くしてます。









犯人たちの表情をご覧くださいませ。(既出です)




開き直りの表情




いつでも脱走してやるニャっ




おらーそんなことしてね。




ボクはそんなことしませんにゃっ。(突然変身)




何もしりませんニャっつ





ボクは逃げませんでしたニャっ!




リッキー様、布団と一緒に転落(危機意識ゼロ?)






本来ですと、前の記事「ねこ大脱走」の続編をお届けする予定でしたが。。。。




本日、「リッキー様」が「ざるで転落する」だけでなく、「布団でも転落する」事実が確認されましたので、ご報告いたします。




リッキー様のご転落シーンをご覧くださいませ。









こちらは以前のリッキー様が「ざる」に乗って転落するシーンです。









ついでのおまけ映像。リッキーねこざるにハマる。(目だけが動いてます。) ねこ基地の録画にも載ってるやつです。









ねこ脱走ッ!(もうお前たちはッ!)






毎朝、早起きの私(daimao)は居間の雨戸を開け、ねこ窓のところのねこ脱走防止扉にロックをかけます。




夏はねこ脱走防止扉と、網戸で防護された状態ですが、風が入って比較的涼しく過ごすことができます。




どうも、当日の朝は起き抜けでボケていたのか、「ロック」をかけ忘れたようです。




その結果は悲惨なものになりました。




人間並みに賢くなったマー帝王がやらかしてくれました。




ロックがかかっていなかった脱走防止扉を引き開け、網戸を押し破って脱走。




それを見ていたねこたちが続々とおなじ方法で脱走。




一人残ったモフ君は外に出るのが怖いのか、居残り。




今日のところはまず、脱走の模様の動画をどうぞ。




16倍速で、ねこたちの脱走の姿をご覧ください。









次の記事では回収の巻です。




全員無事に回収できてよかったですが。。。



狭かった。。










ねこ 体重測定ッ! (天高く 「ねこ」 肥ゆる秋。あぁ)






貴重な秋の清々しい空気。




関東地方は気持ちの良い天候でした。




でも明日は「〇心に秋の空。。。」 雨の予報です。




さて、久しぶりの体重測定を実施。




皆さん順調に体重増加されていることがわかりました。




モフ君 4.6Kg (我が家に来た時の体重 500gのガリガリだったんです。)




マー君 6.6Kg (前回から0.6Kg増)




リッキー 4.8Kg




ムーちゃん 4Kg




ピート君 6.8Kg (堂々のトップ)




メーチャン 6Kg (前回から微増)





運動だ、運動!









トップに輝いたピート君から一言。









ルンバに乗るマー帝王(動かないニャっ。。)






YouTubeなどで結構見られる、「ロボット掃除機に乗るねこ」の動画に触発されたroseがなにやらはじめました。




100円ショップのバスケットに丁寧に座布団を押し込んで、充電基地に停泊中の「ルンバ君」の上にセットしてみました。




やっぱり営業部長のマー君がやってくれました。




乗り込んでReady To Goです。




が、この状態では電源スイッチを押すことができません。




で、動かないルンバの上でお休み中のマー帝王であります。
























今度は動く仕組みを考えて、「居間観光」に出てもらおうと思います。




ねこをねらう。(相手もわかっているようで。。)






連休は台風18号の影響で、家にずっといました。




日曜日は風は強いものの、快晴となったので、久しぶりの庭の雑草取り。




もう、ぼうぼうに生えていたもんですから、除草剤を撒いてしまいました。




以前に裏の通路での雑草撲滅に除草剤の効果を確認済みなので、効果は期待できます。




でも効果が出るまで1位開けつ1−2ヶ月は待つ必要があります。




秋風の雰囲気はあるものの、夏の暑さが蘇った今日。ねこたちは暑いのか板の間に寝転ぶ状態です。




adminがそんな中、メーちゃんを激写。




結構面白いメーちゃんの姿を撮影してくれました。




キッチンの奥で暑さを避けているメーちゃん。







































思い切り近くまで来るとやっぱり太いですね。




君はダイエットだっ!




マー君はリッキーがお好き?(なかよしの二人)






台風18号も九州に大接近。 関東地方も風と雨が強くなってきています。




十分に警戒して被害が少なくなるように心がけましょう。




さて、ライブカメラの「ねこ基地」はクロネコ リッキーの定住場所として知られています。




ここが彼女にとっては一番安心できる場所なんだと思います。




この数週間、「ねこ基地」に頻繁に登場するねこがいます。




マー帝王です。




リッキーと何故か仲良しです。二人で仲良く寝ています。




リッキーはぐっすり。




マー君の手。長毛種ってこんなに指の間にも毛があるんですね。床でドリフトする理由がよくわかります。




ぐっすり寝てます。





上記のように落ち着いて寝る前にはこんな光景もありました。(ライブ自動録画から編集しました。)









マー君が寝ているところに、リッキーが飛び込み。




リッキー、やばいと思ったかどうか。。 あっという間にマー君に組み敷かれています。




やめなさい。とヒトに止められたあとは、リッキーに優しくなっています。ペロペロ。




リッキーも落ち着いて寝ることとなりました。




ま、お互い認め合っているのかもしれません。




家であれこれ(ねこは寝てます。)






台風18号が九州に接近しつつある天気模様です。




釣りに行けるかどうか微妙なところですが、朝の海上の風の予報は「やや強い」でした。




。 朝起きた時にも少し風が感じられたので、安全を見て釣りに行きませんでした。




連休は、代わりに溜まっていた片付けやら何やらをがんばります。




まな板整備
--------------------




何年か前に一度かんな掛けをしたんですが、最近良く魚をさばいていたり、エソを叩いたりしたので削れてきました。




rose に頼まれて、カンナがけをやりました。




意外に包丁を使った中央部分は凹んでいるもので、かんなで削っていくのは大仕事です。




私、家人、rose と3人交代でカンナがけ。




まな板の厚みが2割ほども減ったんぢゃないかと思うほどに削って、綺麗サッパリとなりました。




かんな掛けガシガシ。





かんなくずだらけ。。





まだまだ中央部に包丁の痕跡が。。がんばります。





大汗をかきましたが、まな板が綺麗になると気持ちいいですね。




茎わかめの醤油漬け
--------------------------





わかめの茎の部分を塩漬けにしてあるものを買ってきました。




家族は皆、この醤油漬けが大好きです。




塩漬けになっているのを水に漬けて一晩ほど放置。(12時間ぐらい)




その後、ハサミで適当な大きさに切っていきます。




あとは簡単。ビンに茎わかめと醤油適量。 あとは生にんにくのスライスを入れておきます。




半日もすれば美味しい茎わかめの漬物ができます。




チョキチョキハサミで切っていきます。





ビンに、切った茎わかめ、醤油、にんにくスライス。これでオッケイ。





出来上がりが楽しみです。




小網代ボート釣り今日のお料理。その2(ねこはそっちのけ)






平日は仕事でドタバタしてますので、なかなか更新できないのですが。。。




土曜日に釣った各種の魚。食べきれないほどでした。




土曜日、日曜日、月曜日と獲物を料理した食事が続いて、今日は最後のお料理。




白身のカワハギ、カサゴの刺し身が残ったので、醤油で漬け込んでおきました。




カサゴのアラも残っていたのを冷蔵庫で保管。




今日は家にいる者が、漬け茶漬け?(カサゴのアラの潮汁の出汁でお茶漬け)などを作ってくれました。




うーむうまい。 海の恵みに感謝再びです。




食卓全景。いろいろ並んでます。むふふ。



こちらは、カサゴ、カワハギの漬け茶漬け。香り高い。




別のお茶碗の漬け茶漬け。モフ君が狙ってる?




こちらは保存しておいた、塩サバ。甘塩でふっくら焼き上がり。





温かいご飯と一緒にいただく幸せの夕ごはん。




また、美味しい食材を求めて。。。。今シーズンは好調なんです。はい。




小網代ボート釣り今日のお料理(ねこはそっちのけ)






昨日釣った、豊富な獲物を使って今日の夕食も豊かなものになりました。




昨日料理せずにとっていたものは、




カサゴ、カワハギ、ソーダガツオです。




いずれもお刺身、カルパッチョにしていただきました。




右側はカサゴ。手前がカワハギです。赤身はソーダカツオ、真ん中はカワハギの肝





ソーダガツオのカルパッチョ





カツオとめかぶのとろろ和え





カワハギのあらでお吸い物。これが絶品でした。





きゅうりの糠味噌漬け。古漬けを水にさらしてすりごまで。





今日も続いて海の恵みを頂戴しました。感謝。




魚を料理しているとキッチンでお手伝いを申し出るねこは決まっています。(写真は既出です)




マー君





モフ君





ピート君





いずれも男の子。というのが面白いですね。




メー、ムー、リッキーは知らん顔です。




ねこを従える。(下僕のくせに。。。)






rose,家人が旅から戻って、おみやげをくれました。




随分と昔からある、ねこを材料にしたイラストのTシャツです。









「ぱぱねこがなんと7ひきのねこを従えて飛ぶ姿」




ねこたちを思ったように操る姿が頭に思い浮かぶ図柄です。




でもね。ご存知の通りねこは思い通りにはならない生き物なんです。




「おーい、集まれー」とか声をかけたって、こんな状況ですよ。。




「ふかふか場所が優先にゃ」





「涼しいところが優先にゃ」





「ごはんが優先にゃ」





「すべすべの床優先にゃ」





小網代ボート釣り(秋風を感じながら。。。)






昨日は、rose も 家人も家に戻ってきたので、小網代湾のボート釣りにでかけました。




秋の日差し、快晴、凪の気持ち良い天候のもと、釣りを楽しみました。




これまで行ってきたボート釣りの中では最大の釣果でした。




前半はマリンパーク下を沖に進み、30mほどの深さのところでビシコマセ釣り。




この近辺は沖に進むと急激に27m程度から35mほどに深さが変わる(かけあがりというより崖の感じ)ところがあります。




その浅い側をよく狙っています。 アジとかイサキはいないんですけど。。。




タイらしきアタリもありましたが、惜しくも針ハズレ。




でも、ソーダガツオ、カワハギの入れ食い状態。














途中で、ウキ下3mほどにしてオキアミをつけた針を流したら、シイラが。。。。




全長60cmほどですが、強烈なジャンプの連続を見せてくれました。




でも取り込むときに魚を掴んだ形で取り込まないと、中で大暴れ。




釣具やエサをぐちゃぐちゃにされてしまいました。。。。




後半は、ソーダガツオの身を使って、カサゴ釣り。 おまけで小さいタコも。





タコは内蔵を取り、たっぷりの塩で揉み込んでぬめりを取ります。(3回は繰り返す)





大きさにもよりますが、茹でたら、切るだけ。




帰宅途中で友人の家に立ち寄っておすそ分けしてもこれだけあります。









ピンクの魚体は「テンス」 頭を落とし、ワタを取り出しただけで、うろこごと「あまからの醤油出汁で煮付ける(炒りつける)」と最高の肴に。 ウロコが歯ざわりよく食べられるなんでなんて初体験でした。




今日はソーダガツオ、ゆでタコのお刺身、テンスの煮付け、シイラのムニエル(バルサミコソース添え)。




ソーダガツオはすべてヒラソーダでラッキーでした。




今日はなんだか疲れて魚を処理して、料理ができたら写真を取るのを忘れてしまいました。ごめんなさい。




カサゴとカワハギは何にして食べよかな。。。




旅に出ますにゃ。(探さないでください??)






旅に出ている、rose と家人ですが、珍道中のおみやげ話をもってまもなく帰ってくることでしょう。




そんな中、以前に購入していたものの、試していなかった「ねこギャクタイ」グッズ、




いやさ、「かわいい、かわいいシリーズ」に類似した「どろぼうねこ」の荷物セット。




まずはリッキーさんに試してみました。




リッキー:最初から旅に出る気はない模様。








アタチは行きたくないニャっ




いかないからネッ。




モフ君も;旅にでるんだって? リッキー:うるさい





ムーちゃん



旅? なんのこと?




首の周りのこの余計なもの。。。。




しちゃうんです。しちゃうんです。 やだー





人間の思うようにはイカないねこたちです。




わかってますけど、ついギャクタイしちゃうんです。




家出はしないように。




ねこも落ちるんですにゃ。(落ちるねこ特集)






我が家には現在6匹のにゃんこがいます。




3匹は血のつながった兄妹ねこ。マー、ムー、メーです。




3匹とも親の血がそうさせているのか、とても落ち着いたねこたちです。




1年後、4年後とあとから来たねこたち、リッキー、ピート、モフィアス。




若さもあるんでしょうか、活発なねこたちで、いろいろよく遊びます。




で、ねこたちのいる、居間にはねこが落ちそうな場所が何箇所もあります。




キャットタワー、キャットウォーク。 うっかり落ちたら怪我もしかねません。




そんなところは、ねこもわかってるんでしょう。緊張感をもっているようで落ちたことはありません。




落ちるのは決まって、「ねこ基地」です。




もともと大きなブラウン管式のテレビがあってその上のスペースがねこの居場所になっていました。




現在は液晶テレビになったので、ねこはテレビの上には寝ることができません。




専用の台を建設(大げさな。。)して、布団やら、夏は大きなざるなどをおいていました。




ずっと低い場所にあるので、ねこたちは安心するのかとてもリラックスしている様子。




その結果なのか、ここでのねこ落下事故がよく目撃されています。




ドライブカメラのように自動録画をしているので、「事が起きてから」しっかりその状況を確認できます。




前置きが長くなりましたが、これまでに3匹のにゃんこが落下。映像化したものがシリーズ化?してみました。




お楽しみくださいませ。 モフ君は本日、ご落下。 最新版です。




モフ君






リッキー





ピート