ピートを指コウゲキ(ギャクタイニャっ!)






ピートは敏感なねこです。臆病と言っても良いでしょう。




ヒトが近づくと危険と思うのか、ケージ(世界で一番安心な場所と信じています。)に逃げ込みます。




今日は誰か、ピートを指コウゲキしてました。




近づいて




モヒッ




ピートはコウゲキされるまで、にょほほ〜としていましたが、




うへっ。という表情









こういうコウゲキをするのは、我が家で1名のみ









モフ君、護民官ペトロニウスに挑む(敗北を噛みしめる)






寒くても部屋の中が暖かければ、ねこ達は元気いっぱい。




特にモフ君、ピートは若さも加わって活動的です。




今朝、「ねこ広場」のハンモック上で二人が争いました。




ピート(本名 護民官ペトロニウス。詳しくは「夏への扉」関連の記事をどうぞ)もやる気モード。




モフが挑戦します。 ライブカメラの自動録画からの編集です。現場は右端のハンモックです。









果敢に挑戦したモフ君でしたが、残念。ピートにはかないませんでした。




くやしい気持ちが、モフ君によーく現れています。









一緒に寝る(誰とでもというわけでは。。。)






モフ君は6ニャンの中で最も若く、最近参加したねこです。




1年と少し前に、骨折、飢餓状態で突然我が家の「ねこ窓」前に現れました。




それまでは、クロママが毎朝夕、ゴハンを食べにきてたんですがクロママはいません。




にゃー、にゃー、にゃー、ニャーと大きな声で鳴き続けます。




ゴハンをあげるとガツガツ食べます。




最初は骨折しているとはわからず、足を引きずっているのがおかしいと思っていたんです。




保護するために夢中にゴハンを食べているところを捕まえて、病院行き。




骨折は治りかけていました。




そのまま、「我が家のにゃんこ」になりました。




2−3日毎回モフが登場していたんですが、その間クロママは来ません。




クロママが保護しかねて、我が家に助けを求めてモフを連れてきたか、ゴハン場所を譲ったんだと思います。




優しいクロママを思うと今でも胸が熱くなります。




前置きが長くなりましたが、そんなモフ君。我が家の甘えん坊のねこたちの中でも際立った甘えん坊。




昼寝をするroseが呼ぶと、タダチに駆けつけて脇に入ります。









ほわほわ。。




毛布の下はこんなに長く。




一緒に毛布を被って寝るモフ君。 幸せそうです。roseもご満悦。




私が呼んでも来ないのに。。。。









寒さに弱いのは当然ニャっ(甘えるにゃんこ)






ねこは寒さに弱い生き物です。 よく知られたことですが実際にねこと暮らしていると実感されます。




すっかり寒さが浸透した10月。雨もズーッと、ずーっと降ってました。




そんな寒い日には、暖かさを求めてスリムなねこたちがやってきます。




特にムーちゃんは小柄で、スリムなにゃんこで寒さには敏感。




ヒトの膝の上にすぐに乗ってきます。



もっと腕を低くして。。。




ご満悦の表情




クロネコのペア。リッキー、モフ君(左側)




相変わらずホットカーペットの上では死んだように寝ています。




ムーちゃんもセミ・アンモニャイトスタイル。




ピートとムーちゃん。ボックスがきつそう。










長毛のマー帝王は寒さには比較的強いので、あまり近づいてきません。




キャットウォークにねこが来る(新しい枕は??)






先日、キャットウォークのカメラアングルを変更しました。 カメラの目の前にねこ座布団をおいてねこをよーく観察いただけるようにしたんです。




なかなかねこが来ないなぁ。と思っていたら、来てました。




各種のねこがこの場所を見つけてお休みしているようです。









特にメーチャンは随分と長い時間ご滞在。




昼の温かい時間帯は眺めもよくて居心地が良いようです。




まずは幸先の良い再スタートとなったようです。
























モフ君 死んだように眠る(ほかほかカーペット)






前回の記事でキャットウォークのカメラの位置を変更した記事を書きました。




台風後気温が下がっていて、寒いと思われる、キャットウォークは不人気です。




一方で寒くなったのでホットカーペットに電源を入れたら。。。。




死んだように固まってます。





爆睡中。近寄っても気づきません。





カーペットの半分に通電中。 ねこは何でも知っている。。。





綺麗な猫トイレもベッド代わりに。





季節の移ろいを感じる今日このごろです。









台風一過(キャットウォークカメラをカイゼン?)






台風21号は各地に大きな被害を残しました。 被災された地域の皆様にはお見舞い申し上げます。




幸い我が家のエリアは大したこともなく、月曜日の昼には台風一過の快晴となりました。




気持ちの良い風が通り抜けるようになったので、家中の窓を開け放ち洗濯物を干しました。




久しぶりの日差しの元で毛づくろいのモフ君。









今日はオフにて、自分もいろいろ溜まっていたことをやります。




午前のひと仕事は、キャットウォークカメラのカイゼンです。




このカメラの前に時々来場する、「リッキー」「ムー」などが立ち寄るとドアップの映像がみえます。









これも一つの楽しみではありますが、なかなかそのチャンスが訪れません。




で、以前からキャットウォーク上に一箇所だけあるカーペット(一匹分)の場所に枕を置きました。




この枕であごを載せたり、もたれかかってくれたらまた面白そうデス。




キャットウォークの部屋側にも枕を設置したので、安心して休んで頂けそうです。




あまりにリラックスすると、枕からケージの天井側に落下することも。。。。




最近の落下シーンです。ぷ。(10月23日動画を間違えました。修正。)









それらのシーンを捉えられるようにカメラの位置を修正しました。














カメラの修正が吉と出るでしょうか。。。









ねこと遊ぶ(疲れるとよく眠れますニャっ)






台風が日本列島を脅かしています。 被害の少ないことを祈念するばかりです。




我が家のねこ、特に3ニャンのうち(マー、めー)とリッキーはとてもおっとりしています。




ほんわか、ふにゃららの生活を続けているせいか、いろいろと遊ばせようとしてもほとんど興味を示しません。




その割には庭に来る、スズメやカラスには大興奮するんですけどね。




一方で、モフ君、ピート君、ムーちゃんはとても活発なねこです。




特に一段若いモフ君は1歳ちょっと。元気いっぱいで他のねこを追いかけ回します。




また、ピート君も元気が有り余っていて、リッキーをよく追い掛け回しています。




あんまりやり過ぎるとおとなしいにゃんこが可愛そうな目に会うこともしばしばあるのです。




今日はそんなことを防止してみようと、午前中10分ー20分ほどでしょうか。思い切り遊んでみました。




出力を弱くしたレーザーポインターと、棒につけたリボンを使って、ねこたちが力尽きるまで遊んだら、効果てきめん。




自動録画の様子を編集した映像です。ピート君のレーザー踊りをお楽しみください。









モフ君はその後午後数時間、昼寝をしているRoseの腕枕で爆睡。




ピートもずーっとケージで寝てました。




夜はみんな幸せにねこ広場前のハンモックに収まって睡眠中。









これからは時々一緒に思い切り遊んじゃおうと思う今日このごろです。









小網代ボート カワハギ。カワハギッ!(家人が師匠に)






小網代(油壺)の貸しボート釣りは今シーズン アミコマセ釣りをずっとやってきました。




海水温が高い傾向にあるようで、それなりの釣果が続いて来ていますが、気温のほうが急激に寒くなったりして、気分はカワハギになりました。




と、いうことで今回は「家人」も同行してカワハギ釣りに挑戦してきました。




昨年の12月には、二人でそれぞれ「ツ抜け」を達成したんですが、今回は「ふたツ抜け」(造語)です。




つまり、二人それぞれで20匹以上を目指す目標を立てました。









マリンパーク下の水深16mほどの砂地。 天候は晴れたのですが、風は強くアンカーが動いてしまうほどです。




手持ちのアンカーを追加で落とし、固定出来ました。




最初はぱっとしない時間が続きましたが、3箇所ほどポイントを動いた結果、根に近い場所に入ることができました。




今回は自作のキラキラおもりに、キラキラ集魚板。









中古のカワハギ専用ロッドを手に入れて使用したのが功を奏したのか、昼前ごろには入れ食い状態。




アサリのエサを付ける時間がもどかしいほどの忙しさ。




でもね。カワハギのサイズが小さいんです。15cm前後がほとんど。 最初はリリースしていたんですが、 大きなサイズが全く釣れていないので宗旨替えしました。




多少小さくても、キープすることにしました。




もうひとつ、今回ハゲバリの付いた仕掛けを使ったんですが、このハゲバリがダメ。









大きいのがかかると、針が簡単に伸びてしまい、何回もバラしました。




同じ仕掛けを使っていた家人は私に黙って「別の針に付け替えて」いました。




気が付かない私も迂闊(うかつ)ですが、その影響を受けたのか、家人は爆超モード。




私も頑張りますが、とても追いつけません。




リリースも含めて40匹以上は簡単に達成。「ふたツ抜け」は家人が達成。




今日から、家人のことを釣りの時には「師匠」と呼ばせていただくことになりました。(泣)




こちらが釣果の写真です。



















秋の海の恵みに感謝しつつ、おいしくいただきました。




こちらは定番、テンスの煮付け(うろこ付き)




とてもたくさんのお刺身ができました。 知り合いの上にもお裾わけしてもまだ余ります。
























いつもの通り、残りの刺し身は伊豆大島の島とうがらしを使って、「べっこう漬け」にしました。




翌日のべっ甲丼。









これまた最高の食事でした。




水温が高いせいか、カワハギはたくさんいても、小さい印象です。 針が良ければ大物ももう少し混じったでしょうが、それでも小さいカワハギが多いです。




もうしばらく待って年末ごろになったらもっと楽しめるかもしれませんね。









雨の伊豆大島に日帰り釣行(わーい)






10月19日 文中の「和え物」 のまじないを削除しました。(編集中にマウススクロールホイールを動かしていると勝手にコピペしてくれる現象。。。汗)









夏の暑い頃に予約した今回の伊豆大島釣行でした。




連休や夏休み時期は大島も宿がいっぱいでやっと取れたのがこの時期。




でも秋の釣りシーズンですから期待が高まります。




金曜日の夜、準備していた荷物を持って家人とともに横浜大さん橋から「さるびあ丸」に乗船。




週末の便はいつも満員という感じです。 この週末雨の予報でした。




それでも釣り人、サイクリストが20人ずつぐらいは乗船していました。




我々は磯釣り経験が浅いので、危険な磯には行かずに船着場の堤防で釣りを楽しむ計画です。




大島に近づく午前5時、起きだして身支度。




下船口の先頭に並んで接岸を待ちます。




今回は、「サバの切り身をエサにした落とし込み」「カゴ釣り」2つの釣り方を実行予定です。




「落とし込み釣」りは、短くした中古の船竿に両軸ベイトリール。3号のPEラインに先端には5号のフロロカーボンハリス2mほど。




中通しのおもり5−8号を通して爪楊枝の先端をおもりの穴に突っ込んで、位置を固定。




おもりの先にハリスを50cm程度出して、伊勢尼やチヌバリなんぞを結びます。




針先には短冊に切ったサバの切り身をぶら下げます。




切り身の形や、針へのかけ方に気を使って、水中で上下した時にエサが回転しないようにして仕掛けが絡むのを防止します。




「カゴ釣り」は初挑戦。




シーバスロッドに4号のナイロン糸を巻いた3000番のスピニングリール、10号のウキ、釣具屋さんで手に入れた「カゴ釣り用のかご付き天秤」をセットして




クッションゴムから5号のフロロカーボンハリス2mの先には落とし込み釣りと同じ針を結びます。




ウキ下は4−5mほど。




そんな釣具を準備してのぞんだのですが、雨はだいぶ強く降って和え物和え物和え物います。




雨合羽を着て下船を待ちます。




船着場の先端までてくてく歩いて行くと2名ほどの地元の方が釣っています。




釣り場が確保出来たんですが、雨、そして強風。




どうなることやら。でも期待も大きいです。




隣の先に釣りをしている方に挨拶をして釣り開始。




カゴ釣りは「アミコマセ」エサに「オキアミ」を付けて投げます。 カゴには付けエサが投げた時のショックで吹っ飛ばないようにする仕組みもあって、うまく投げることができます。




先に釣られている地元の方に聞くと、潮回りはベストではないがまあまあ。




堤防の足元には小魚が大量に群れているのがわかります。「タカベ」だそうで、これをエサに「泳がせ釣り」をされています。




カゴ釣り仕掛けを投入して竿置きにセット。




待つ間、「落とし込み」をやります。




小魚が大量に足元にいるので、「エサ取り」に泣かされます。




大きな切り身でも小魚の猛攻(キタマクラ、カワハギ、ネンブツダイなど)であっという間にボロボロ。




そんな中、家人がやりました。 堤防の先端で落とし込みをしたらいきなり、竿が引き込まれたそうです。




強引に巻き上げることができるタックルなのでゴリ巻きであげたのが40cmほどのカンパチ。




その後、置き竿から「バン」と音が出ました。




何かがかかった。慌てて家人が竿を持ちましたが、時すでに遅し。 巻き上げてみると天秤から下が丸ごとなくなっています。




天秤と道糸とは比較的大きなスナップスイベルを使っていましたが、スナップ部分が壊れて針金がビローンと伸びてしまっていました。




何がかかったのかはわかりませんが、大きな青物だったんでしょう。。。。




気を取り直して、予備のカゴと天秤をセット。 再投入してやると大きさは30cm程度ですがワカシがいれ食い状態。




私も落とし込み釣りで、イシガキダイ、アカハタ、カンパチを釣りました。




カゴ釣りの方でも、ワカシがポコポコ釣れます。




雨、風の中頑張って釣り続けましたが、午後1時には釣りを終了。




午後2時半出発のサルビア丸に乗船。横浜へ戻りました。




和え物和え物 大漁を祝って船内で乾杯して一眠り。




家にたどり着いたのは7時ごろ。 それから釣れた魚をさばきました。




クーラーから取り出した魚たち。


















クーラーをキッチンに持ち帰ると、すぐに常連にゃんこが。





家族全員で魚をさばいて、お刺身に。




美味しい食卓となりました。 自然の恵みに感謝。












































なかよしマー君、ピート君(大ねこ同士)






気温が下がり始めてねこの居場所は大きく変化中です。




ま、そうは言ってもねこの好きな場所はだいたい決まっています。




1.マー君




ねこケージの屋上が大好き。 「ねこ屋上」カメラから見ることができます。




2.めーちゃん




「ねこ窓」、あとは居間の外にいることも多いです。




3.ムーちゃん




「ねこ広場」ハンモックが大好き。よーく寝てます。




4.リッキー




「ねこ基地」滞在時間が群を抜いています。滞在時間が長い分、落下の確率も。。。




5.ピート




「ねこケージ」 ここが心の故郷のようです。安心できる場所があるのは良いことです。




6.モーフィ




「ねこ広場」周辺。 動くものがあるとそこにタダチに出動。




「キャットウォーク」には、景色が良いのでみんなが立ち寄ります。




今日は、「ねこ屋上」に3匹集まったところ。




ボクタチ仲良し




内緒だよ。




なぜか優しいマー帝王




ボクタチは特別な絆で結ばれてますニャっ。









秋の窓辺(狩りをいろいろ)






すっかり秋の季節。 まだ紅葉には遠いですが、長袖が必要ですね。




ねこたちも気温が下がったのであちこち居場所を探しています。




今日は庭で飛ぶ蝶を発見してみんなで「ねこ窓」に集まっているところ。














興奮していろいろ動きがあります。




カラスなんか来たら大変です。(既出ですが)









食欲の秋。ねこも太りぎみなので、ダイエット開始です。









今日の料理(釣りの獲物で)






連続釣りネタで恐縮です。




1日では食べきれない魚を持ち帰ったので、海神(うみがみさまと呼んでます。)に感謝しつつ、今日は別の料理です。




当日に、食べなかったカサゴ、アカハタを開いて塩水に2時間ほど漬けてから、冷蔵庫の中で乾燥させていました。




三浦の農園直販店で手に入れた、大根の葉を無駄にしないように、炒め物、それから菜めし。




卵焼きと大根おろし、味噌汁を添えて、とても和風な夕食。




天日で魚を干せれば最高でしたが、冷蔵庫で乾燥させた干物もとてもうまく焼けていて食べたあとは骨しか残りませんでした。




見栄えはよくないですが。。カサゴの干物。





菜めし。干しエビ入





大根の葉の炒め物。





味噌汁をつければこれだけでも。。。





卵焼き





なすと揚げ出し豆腐のおろしがけ。





全景です。幸せを感じる夕食となりました。





あぶない、落ちるよまた。





いつも外に出たいめーちゃん。





小網代湾ボート釣り10月1日(ねこもお手伝い)






記事にしませんでしたが、先週9月24日も小網代ボート釣りに行ってました。




先週は風邪気味だったせいか、不調でわずかに釣れたソーダガツオを身エサにしてカサゴを連れ帰り、おさしみと漬け茶漬け。




これがまたとってもおいしくて、不調も回復。




翌週の10月1日にも小網代に向かいました。




天気予報は「北の風やや強い」でした。近頃の気象庁の努力には感謝。「予報どおりにやや強い風」でした。




ボート店が営業するか心配でしたが、いつもどおり笑顔のお兄さんたちが到着。開店です。




順番の列の前後の人たちと「釣り談義」をしながら準備をします。




「釣り物はなに? 何をねらうんですか?」と聞かれると、「無宗教で釣れればなんでも」とよく答えます。




オキアミコマセを使っての五目釣りですから、なんでも釣れそうですし、釣れたものは自然の恵みとしておいしく料理していただくのが信条です。




今日も「なんでも釣って食べちゃうぞ。」とボートを漕ぎ出します。




海上に出ると風の影響は結構強いです。 いつものポイントである、マリンパーク下水深30m前後の場所ではアンカーが効きません。




ずるずると、定置網のブイに近づきます。




仕方がないので、定置網の東端(陸地側)のマーカー(竹の枝)より陸地よりにアンカーを入れて釣り始めます。




風でズルズル走錨しますが、ようやく止まりました。




水深20mで釣り始めます。 オキアミコマセ釣りをがんばりますが釣れるのはソーダガツオばかり。




フグにもやられて針を失います。




ウキ釣りもウキ下10mほどでやっているとソーダガツオばかりがかかります。途中小さなシイラも。




10時ぐらいまで頑張りましたが、この釣り方に見切りを付けて、ソーダガツオを一匹バラします。




身エサを小さな天秤仕掛けにつけた1mほどのハリスの先にぶら下げて見ます。




前回、ウロコも一緒に煮付けた「テンス」が2匹連続で釣れました。




敬遠されがち?な「エソ」の大物も連釣。




浅場に移動して「カサゴ」も加えて帰途に付きました。




潮回り。ポイント選び。で大きく違うんだなぁーという実感の釣りでした。




で、キッチンに並べた釣果です。




1日のおかずには多すぎる量ですね。2日分。





キッチンでクーラーを開けていると、定番のさかな好きにゃんこ登場。





お手伝いしますニャっ。いいえ結構デス。




ソーダカツオをさばきます。




よく洗って。3枚におろしたら皮を引いてお刺身に。




エソのすり身は作るのが重労働なのでフードプロセッサを買って処理。楽ちん。




メモ: フードプロセッサでは細かいところまで骨切りは難しい感じです。出刃包丁などで予め切っておくのが吉。




で、完成した食卓。 本日も自然の恵みに感謝していただきます。




三浦の直販店で枝豆。もうシーズンも終わりです。





にんにくと生姜でカツオとシイラ(手前)





家人が自分専用に持ったカツオ





お手伝いご苦労様でした。報酬は?





卵白の混ざったふわふわのエソのすり身すまし汁





「テンス」の煮付け。煮汁が煮詰まるまで丁寧にやると最高においしくなります。





家族もねこも手伝ってくれたのでなんとかなりましたが、早起きしてボートを漕いで釣りをした体はクタクタでした。(笑)




魚を捌き終わってビールを飲んだら、いつの間にか寝てしまったようです。





でも、また行くんだよなぁこれが。。。









リッキーのスルドイ目(ジローリ)






我が家のリッキーの本名は フレドリカ・ジェントリィです。




外ねこのクロママとポっちゃんの子供(女の子)です。




兄弟にピート君がいます。




宇宙征服が目標のねこですが、最近はその目標はちと怪しくなっているようです。




宇宙征服に燃えていたころのリッキー





おめでたい感じの宇宙征服リッキー





マー君に惚れられているようで、よくマー君にのしかかられています。




男の子のような顔つき。










時にはモンスターモードに





そんなリッキーが先日ライブカメラ「キャットウォーク」でちょっとおもしろいところを見せてくれました。









カメラに近いところで、リッキーの様子がよくわかります。




ねこ大脱走。回収編(大変でした。。。。)






ねこ大脱走の続き記事です。




ねこが大脱走したときは朝7時前後。roseがふと窓を見ると、見たことのあるねこが庭を歩いています。




外猫のポっちゃんかと思ったら、よく見ると、ピート。 「ヴぇー大変」と慌てて回収に。




その様子を収めた動画です。編集して短くしてます。









犯人たちの表情をご覧くださいませ。(既出です)




開き直りの表情




いつでも脱走してやるニャっ




おらーそんなことしてね。




ボクはそんなことしませんにゃっ。(突然変身)




何もしりませんニャっつ





ボクは逃げませんでしたニャっ!




リッキー様、布団と一緒に転落(危機意識ゼロ?)






本来ですと、前の記事「ねこ大脱走」の続編をお届けする予定でしたが。。。。




本日、「リッキー様」が「ざるで転落する」だけでなく、「布団でも転落する」事実が確認されましたので、ご報告いたします。




リッキー様のご転落シーンをご覧くださいませ。









こちらは以前のリッキー様が「ざる」に乗って転落するシーンです。









ついでのおまけ映像。リッキーねこざるにハマる。(目だけが動いてます。) ねこ基地の録画にも載ってるやつです。









ねこ脱走ッ!(もうお前たちはッ!)






毎朝、早起きの私(daimao)は居間の雨戸を開け、ねこ窓のところのねこ脱走防止扉にロックをかけます。




夏はねこ脱走防止扉と、網戸で防護された状態ですが、風が入って比較的涼しく過ごすことができます。




どうも、当日の朝は起き抜けでボケていたのか、「ロック」をかけ忘れたようです。




その結果は悲惨なものになりました。




人間並みに賢くなったマー帝王がやらかしてくれました。




ロックがかかっていなかった脱走防止扉を引き開け、網戸を押し破って脱走。




それを見ていたねこたちが続々とおなじ方法で脱走。




一人残ったモフ君は外に出るのが怖いのか、居残り。




今日のところはまず、脱走の模様の動画をどうぞ。




16倍速で、ねこたちの脱走の姿をご覧ください。









次の記事では回収の巻です。




全員無事に回収できてよかったですが。。。



狭かった。。










ねこ 体重測定ッ! (天高く 「ねこ」 肥ゆる秋。あぁ)






貴重な秋の清々しい空気。




関東地方は気持ちの良い天候でした。




でも明日は「〇心に秋の空。。。」 雨の予報です。




さて、久しぶりの体重測定を実施。




皆さん順調に体重増加されていることがわかりました。




モフ君 4.6Kg (我が家に来た時の体重 500gのガリガリだったんです。)




マー君 6.6Kg (前回から0.6Kg増)




リッキー 4.8Kg




ムーちゃん 4Kg




ピート君 6.8Kg (堂々のトップ)




メーチャン 6Kg (前回から微増)





運動だ、運動!









トップに輝いたピート君から一言。









ルンバに乗るマー帝王(動かないニャっ。。)






YouTubeなどで結構見られる、「ロボット掃除機に乗るねこ」の動画に触発されたroseがなにやらはじめました。




100円ショップのバスケットに丁寧に座布団を押し込んで、充電基地に停泊中の「ルンバ君」の上にセットしてみました。




やっぱり営業部長のマー君がやってくれました。




乗り込んでReady To Goです。




が、この状態では電源スイッチを押すことができません。




で、動かないルンバの上でお休み中のマー帝王であります。
























今度は動く仕組みを考えて、「居間観光」に出てもらおうと思います。